すっかり普通の子に  

好酸球増加でお悩みの
バームクーヘン(M)ちゃんですが

去年くらいから、
なぜかは分からなねど
好酸球が下がってきていて

今年の4/11の検査を最後に
ステロイドを止めることにしたのよ

ちょっと羅列しますね

14/5/13   好酸球 858 (基準値0~1500)
14/6/12   好酸球 540
14/9/27   好酸球 1037
15/4/11   好酸球 651


すごいでしょ!
ほとんど1000以下だもーん

いや、実際はまだまだ好酸球は高いんだけどさ
この子にとっては、夢のような低値更新なのよ。 キャッ

この時で6キロくらいだったかなぁ
ステロイドは4日に1回、2,5ミリだったんだけど
これは体重と比較して最低量以下の処方なのよね

なので、先生と相談して休薬を決めたのよね


実に4年ぶりの休薬だよーん


ステロイド止めてからは
普通にアレルギー症状?みたいのが出てるみたいで
もうね、下っ腹とかお尻周りは舐めハゲができるくらい
なめ壊しちゃって(涙)

まあね、しかし、放置ですよ放置!
舐めハゲくらいじゃ死にはしないんで(汗)
舐め壊すっても皮膚べろーんとかにもならんし
舐めハゲちゃっても、毛が再生するのも早いしねー


そうこうしているうちに
どんどん体重も減ってきてね~
この子、ステロイド飲むようになってから
どんどんどんどん体重が増えてきてたから
止めて体重が減ってくるのは嬉しいんだけど


そろそろ病院へ行かなきゃと思った矢先
胆汁を吐きましてね。
このごろは食も細くなってるし
ぎょ!肝臓ヤバくね?
大デブですい臓炎で死んだ、じじ猫を思い出す~


8/10病院 

まず血液検査
肝臓系の4つのうち2つが高い(汗)

ALB 2.7 (基準値2.3~3.9)
ALP 56 (基準値14~111)
ALT 188 (基準値12~130)
AST 72 (基準値0~48)

エコーで胆のうと肝臓を中心に
内臓をくまなく見てもらったけど
特に変わった気配は無かったわね
もちろん黄疸も出てにゃい


甲状腺?とも思ったけど
甲状腺機能亢進症の特徴がないし
心拍数も160だし
(病院での心拍数が160ってことは普段はもっと少ない)
ALPだって上がってないんだよね
それは無いんじゃないかってことで検査はしなかったのよ


それから2週間たつけど、とにかく今は様子見
食は普通、嘔吐も下痢もなし。
体重はじわじわ減ってる(汗)
(ステロイドで太る前の体重よりは重い)
総じて体調が悪いって感じはしないんだけど

他の子が、肝臓がこれくらいの数値でも
別に驚かないんだけどね
やっぱデブなんで...すい臓炎が...



そして今度はやっぱり甲状腺も検査しないとね
甲状腺の手術したバームクーヘン(L)だって、
あんまり病気の特徴はなかったから
この子だって安心できない~

150810
右)バームクーヘン(M)  左)かしわ餅(1)


そして、とっても良いことが!

なんと 好酸球が100!!!

100ですよ100!!!  うわあああああぁ


すっかり普通の子に(感涙)


ずーーーーーーっと好酸球が高くて
胃腸炎やら肺炎やらにも罹ったりして
ステロイドが命綱で飲まなきゃどうしようもなかったのに

すっかり普通の子に!


なんもしてないのよ。
年取って免疫力が弱くなったからだと思うんだけど
フードのフォーミューラがこっそり変わってて
もしかして好酸球が増加する要因が無くなったとかも
あるかも知れんね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



または、好酸球の増加どころじゃない何かが
体の中で起こってるとか...

まさかどっかに腫瘍が(怖



スポンサーサイト

Posted on 12:21 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  ステロイド  好酸球  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 
tb: --   cm: 2

年は越せないかも知れない  

この間、便秘疑惑で病院へつれてった女ボスでしたが
腹部エコーの結果が散々でして
一ヵ月後の結果では、もっと深刻なことになってました



9/27  便秘(嘔吐)と輸液の相談で通院

意外にも便は溜まってなかった。
ここ数日嘔吐は治まってたのはそのせいか?
しかし触診で硬いものを感知
エコー検査の結果、腸管の腫れとリンパ節の腫れを確認
腸管は筋肉層に及ぶ腫れも確認(うわあああぁ
胃の後ろに壁のようなものがある(正体不明)

またIBDが復活しちゃったな
筋肉層は前にも腫れたことがあるんで
今回もリンパ腫は無いだろって思った(飼い主の勘)

しかし、この胃の後ろの壁って何?
腫瘍とかじゃないのよ!
ほんとに壁のようなものに見えるのよーん

この場所って、すい臓? 
むむむ。やな予感~


これ以上のこと調べるんなら
大学病院になっちゃうんで
それはしません~


ということで、ステロイドを飲み始めました
1日2.5ミリ(半錠) 朝と夜2回に分けて投与

今回の投薬は、先生はかなり慎重になってた
年齢や体調を考えて無理の無い量
体重が2.5キロなんで、1ミリ/キロ/day にしたと思う
しかも2回に分けて与えてくれなんて。
足りるかちょっと不安だけど、21歳だもんね(涙)
こんなときにやっぱ年なんだなってひしひしと感じたよ-ん

2.5ミリ(半錠)を3週間。その後は1/4に減量

女ボスはもともとIBDによる嘔吐や下痢はしないんで
良くなってるかっていうのはエコーを見ないとワカラン(汗)
体調は...特に変化なし ちゅうか
病院行く前も悪いとは思ってなかったしなぁ
輸液の相談はどっかいちゃった(笑)



10/30 その後の経過のため通院

先月よりBUN、Cleは上昇してて検査上でも
脱水がハッキリ見て取れるようになった
T4が思いのほか下がってたんで、その影響か?
(メルカゾールの量は変えてないのに下がってるのは???)

腸の腫れは良くなってる。良好に推移って感じ

胃の後ろの壁のようなものは相変わらず。
そして、その場所に1.2ミリくらいの黒いもの発見  ←訂正 1.2センチです
水分が溜まってると、空洞のように黒く映るんだよね
可能性は水か、膿か、出血か?  うううぅ


とりあえずステロイドはちょっと増えて
1日に1/3錠

輸液はどうしましょう?
先生はBUNが100超えたらって考えみたいで
まだいいんじゃない?みたいな(BUNは85だった)
しかし、念のためにソルラクトも出してもらった

例の空洞が水だとしたら
輸液より利尿剤だろと思うし
(今の女ボスにはもう利尿剤は無理ぽだが)
もって帰っても、まだ輸液はしていないが。


なんだかいっきに今後のことが難しくなってきた



たぶん、すい臓炎で水が溜まってるんだと思ってる
壁のようなのって、すい臓が繊維化して硬くなった?

あああ。すい臓炎で死んだ、じじ猫を思い出すよ


故じじ猫は、あれよあれよという間だったな
女ボスもあと一ヶ月くらいなのかなぁ
そしてじじ猫みたいに痛くて苦しんで死んじゃうのかな
なんて、すんごい暗い気持ちで病院から帰ってきたよ



141101




女ボスは、今のところ変化は無いです
相変わらず元気で、嘔吐はないし、便も普通
さっきも風呂場に入りたがって私に怒られてるし(困)

でも食は細くなってきたな。最近は必ず少ーし残す


しっかし、女ボス見てたら
なんか暗くなってるのがバカらしいっていうか

今更暗くなっててもしょーがないし(笑)
なるようにしかならんさね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



しかし、出してもらったソルラクトが高くてびっくりした
病院でやってもらうのと変わらないんじゃ?
もしも輸液するようになったら、価格交渉必死だな

それか、故ババトラの病院に転院するかだわ



Posted on 15:26 [edit]

category: 猫のIBD

tag: 女ボス  IBD  ステロイド  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 
tb: --   cm: 15

手ブラの日  

休日は、
手ブラにいそしんでいる9猫です

手ブラとは? ふふふ。


ちょっと古い写真なんだけどコレ
      ↓

blog_import_4febda89063f4.jpeg


抜け毛を取るのにブラシじゃなくて「手」でやるのよーん
逆毛を立てるようにマッサージするようにやるのよね

うちの子はみーんな大好きでー
行列できるし横入りもある(笑

基本うちの子は呼んでも来ない子が多いんだけど
(しかしうちのヤツが呼ぶとみんな必ず来る。なぜ?)
手ブラの時は喜んでやってくる
ふふふ。愛いヤツたちじゃ!




あらら。痩せたね~ とか
ゲッ! フケが出とるよん とか
こんなところにおできが~ とか

健康チェックにも、もってこいなんですよーん




昔は9匹分の手ブラで、腱鞘炎になりそうだったけど(笑

今は6匹だもんね~ 寂しいわよ!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ





故じじ猫、背骨の右側がみょーに毛が薄くなったことがあって
なんでここだけ? おかしいなぁと思ってたら
すい臓炎で死んじゃった(涙)

関係あったかどうかは分からんけど
それからは体毛の変化はすごく気にかけてるよん


今の時期はもふもふで手ブラもやりがいがあるよ!

Posted on 16:08 [edit]

category: ねこ

tag: バームクーヘン(L)  すい臓炎 
tb: --   cm: 7

猫の突拍子も無い病気って  

今日、動物病院で興味深い話を聞いた

院長先生曰く
「猫に難病って言うか、突拍子も無い病気が
 多く見られるようになってきた」

ちょっと離れた場所で、しかもエコーされてるワンコの
けたたましい叫び声(汗)の中で
正直良く聞こえんかった

「…大学病院で診てもらって…今はピンピンしてる」

混んできたので、ここで話は終了
今度じっくり聞いてこよう


ピンピンしてるってことは、もしかして
犬では良く見られるけど猫には稀な例だったのか?
猫には稀といわれている病気は確かにあるし
でも、決して猫が罹らないわけじゃない


先日逝ったIBD仲間の猫さんは「アポクリン腺ガン」
猫では数例しか症例が無いらしい

猫はステロイドに強い(鈍い)ので、
クッシング症候群になる子も稀だが
その手前までいった子も知っている

格段にランクは落ちるけど
うちの子も猫ではあまり見ない
「チェリーアイ」になったこともある


猫は小さい犬  なんて思われていた時代もあった
病気の猫さんが増えるのはなんともやるせないが
どんどん猫の病気が研究され、解明されていって欲しい
うちの子の病気、IBDも未だ根本治療法が無い
近い将来、医学でも疫学でもなんでもいいから
苦しむ猫さんと飼い主さんを救って欲しいものだ


244




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしくね





― 大学病院に思うこと ―

うちのじじ猫はおそらくすい臓炎で死んだ
猫のすい臓炎は珍しいものではないが
原因不明でこれといった治療法がない
まだ不調の原因が分からない段階で
大学病院での診療も暗に薦められた
今は猛烈に、行っとけば良かったと思う
行っても治らなかったであろう
しかし、じじ猫の経過や病状、検査結果が
症例として残ったはずだ
そしてそれが広く情報として伝わり
じじ猫のような症状を訴える猫さんの
すばやい病気の診断、治療の指針となったと思う

今後の診断の指針となることで
最後の数日、自分で水も飲めず眠ることすらできず
決して長い時間ではなかったが、苦しんで逝ったじじ猫への
せめてもの餞(はなむけ)とすることが出来たような気がする

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: バームクーヘン(M)  じじ猫  すい臓炎 

【べこ餅重病疑惑か?】 血液検査結果出たー  

重病疑惑のうちのべこ餅
外注していた検査結果が出ました
こた21221

外注した検査はこの2つ
 ・甲状腺ホルモン
 ・副腎皮質ホルモン

甲状腺ホルモンが基準値より低かったのですが
どちらも異常は見られないとのことでしたー
これで、甲状腺機能亢進症クッシング症候群
疑いは消えました

さて、べこ餅はなぜ痩せてしまったのか?
べこ餅は人間でいうと50歳をすこし過ぎたところ
初老の男性が、ダイエットもしていないのに
3年で20キロも痩せた計算になります

有り得ないでしょ! (((( ;゚Д゚)))ガクブル


先生の見解は、糖尿病予備軍または、消化器官の異常
グルコースがちょっと高いんです(198)
ちなみにこの数値では尿検査をしても結果が出ない

ということで、血糖値の再検査とエコー検査を進められました
年明け早々にまた連れて行こうと思ってます


ちなみに飼い主は慢性膵炎を疑ってます
膵炎で死んだじじ猫に経過が似てるような気がして
ゆるやかな体重減少、なんとなく元気が無い、
皮毛が薄くなった、シッコが超クサイ!
じじ猫は死ぬ1年半くらい前からシッコが
もの凄い臭くなりました
当時はね、シッコが臭い=腎不全ではないと思って
喜んでましたけどね (遠い目)
膵炎とシッコ激臭は関係ないかもしれませんが
突然シッコが臭くなったら、なんかオカシイですよね
脂肪分の高いフードで下痢したこともあるし...
謎は深まるばかりですー




※なにか病気があると、甲状腺の数値が下がるそうです
 これも心配のタネですー


にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ←応援よろしくね!

 



猫のIBD ネットワーク
遠赤外線ストーブとハラマキがプチブームですー
是非猫のIBDネットワークにお越しください

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: べこ餅  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 

じじ猫 今日退院します  

本日 夕方にじじ猫を迎えにいきます

暖かい励ましコメ ありがとうございました!

 

退院といっても、良くなったわけではありません

 

今後の治療方針が決まりました

内科的治療を続けること

それには、自宅での投薬と通院で対処できるから

ちゅーことです

今日からは1日1日が宝物です

 

(´・ω・`) ああ・・・身体冷たくなってきちゃったな・・・・

(´・ω・`) なんだよ、泣くなって、俺が先に逝くのが当たり前じゃん

(´・ω・`) ・・・・・幸せだったぜ

(´・ω・`) なぁ・・・、泣くなってば

(´・ω・`) 俺充分生きたんだぜ、16年だぞ16年

(´・ω・`) あとな、俺が死んだら代わりの猫飼え、これ最後の命令な

(´^ω^`) おっ、兄弟が迎えにきた、子供のとき以来だな

(´-ω-`) じゃあもう行くぜ

(´-ω-`) ありがと・・・な・・・・・

(´-ω-`) ・・・・

(´-ω-`) ・・・・

(´^ω^`) なーんちゃってw

 

↑ こうなることキボン

  さあ、気合入れようかのう...

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ 

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: じじ猫  すい臓炎 

【じじ猫入院記】 胆嚢か?  

じじ猫

うほーい! パパだー♪ やほーい!
ぜんぜん態度が違う!私のときはケージの奥でチラ見だけ orz

じじ猫 昨日で入院5日目です
体重微増です~ 5.4キロ→5.7キロ!!!

昨日の血液検査では
肝臓の数値は良くなっていますが
ビリルビンの数値が悪くなっていました
胆管が蛇行しているのが分っているので
胆管詰まりで胆汁が出ていないと思われます
胆嚢炎、胆管肝炎、もしかしたらすい臓炎
このような感触のようです
いずれも内科処置(投薬)で対処できるそうです
きのう新たに薬剤をもう1種類プラスしたそうで
これの効き目がどうなるか確かめている段階です

これでダメなら、残るは試験開腹。
効いてくれ! 薬で治ってくれ~!



ひとつ気になるのは
ナゼ胆管が詰まっているのか...
胆管結石や胆管の腫瘍が原因の場合もあります
腫瘍 orz  予感が外れること希望


にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ 

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: じじ猫  すい臓炎  下痢 

【じじ猫入院記】 経過観察  

じじ猫
ぼくは死にましぇ~ん と言ったかどうか...



じじ猫 静脈点滴中です


昨日はお騒がせしました
応援ありがとうございます

以下時系列です

9/9~  整腸薬、食欲増進剤などの投薬終了
      食欲は戻らないが、下痢、嘔吐は無し
      退院サポートを食べさせる
      足りない分はニュートリゲルを強制給仕
     
9/17  夜、流動食1口食べた後に嘔吐
      食事を与えず様子見 嘔吐はそれきり

9/18  朝、食欲廃絶 ニュートリゲルを強制給仕
      嘔吐なし

      夕方、寝床から這いだしたとたんいきなり嘔吐
      病院へ急行

      体重が5.4キロ 一ヶ月で1.4キロ減
      黄疸が出ている
      肝臓の腫瘍が疑われる
      血液検査、レントゲン、エコー検査実施
      肝臓に腫瘍は発見されないが
      胃の上部に何かがあるのが写る
      胆管が蛇行している
      入院して経過観察となる
    
      入院と聞いて、
      「この子は臆病でストレスが...」
      ここまで言って続く言葉を飲み込んだ
      そんなこと言ってる場合じゃなかった
      「よろしくお願いします」を
      100回くらい言って病院を後にする

9/19  昼、バリウム検査実施
      消化器に特に異常は見つからないが
      バリウム通過時間が短いし
      出たバリウムが水様状である
     (下剤は使っていない) 

 

昨日いろいろ調べて、胆管肝炎ではないかと思ったので
夜面会に行って、先生に聞いてみた
その可能性もあるので、すでに治療も始めているという
院長先生談
  「それだけじゃないよ。もっと複合的なものだと思う」

検査結果と症状がかみ合わない部分が多いらしい


ということで、病院にお任せしてあります
まだまだ危険な状況下ではあります
胃の上部のブツも正体不明だし 
そして9猫飼いは、ある可能性を模索中...

 

続く    たぶん  急変が無い限り。。。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ 

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: じじ猫  すい臓炎  下痢 

じじ猫 緊急入院しましたー  

昨日じじ猫が入院しましたー

もうダメポ...かも






詳細は明日...


にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ 

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: じじ猫  すい臓炎 

じじ猫の強制給仕  

おはぎ(特大) じじ猫 ごてん(おはぎ特大)

まったく食欲ありましぇ~ん
ヤギミルクだけでは限界か!
ということで強制給仕開始
大好物のアニモンダを無理やり食べさせた
口の横から手で少量ずつ突っ込む
ニャーニャー泣いて手を突っ張って嫌がる
それどころか手で払いのけようともがく

デカイくせに臆病で、しかし性格は穏やかで
とても聞き分けの良いごてん
嫌なんだね、ツライんだね
背骨が浮きでてガリガリになった背中を
思わず抱きしめてオイオイ泣いた...

スマン。ウソです......
泣きはしなかったけど、もう不憫でね



どげんかせんといかん!

そうだ! アノ方法を試してみよう
流動食をゲットしなくては。チューブタイプの!
しかし病院にはチューブタイプは無かったので
ヒルズa/d缶ウオルサム退院サポートをゲット

鼻の下に塗って舐めさせちゃえ~
作戦決行。 塗り塗りぬり...

おおっ! ちゃんと食べて(舐めて)くれてる!
しかもa/dはオイシイらしい!
ほんの少しだけど、自分から食べてくれた

作戦は大成功でした ああ良かった
これで早く食欲が戻ってくれれば

ちなみにa/d缶、ほかの子はそっぽ向きましたー
ホントは不味いの???

 

欲しかったのはコレ↓ 


【ビルバック】ニュートリプラスゲル(犬猫用) 120.5g チューブ入り(ノズル付)

 

チューブタイプ これ以外でも結構種類ありますね~
さっそくゲットします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ 

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の病気

tag: じじ猫  すい臓炎 

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.