スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お薬紹介  

あっ! という間に正月休みも終わり
また1年が始まりましたねー


きっと、あっ!という間に今年も終わるんだろな(汗



さてさて、
内蔵型肥満細胞腫(手術不能)+分類不能型心筋症の
バームクーヘン(M) 17歳と8ヶ月 ですが
ロムスチンの副作用もあっさりとしたもので(嬉
昨日、2回目の投与をいたしましたよーん
乳び胸も良くなりましたよ!
そこいらの話は後日たっぷりと。 フフフ


んで、本日はお薬の紹介を、ぜひ~

飲んでる薬は5種類

ピモベハート(強心薬ピモベンタン)  1.25ミリ×2回/日
エナラプリル(ACE阻害薬)  2.5ミリ×2回/日
ラシックス(利尿剤)      5ミリ×2回/日    
ブレドニゾロン(ステロイド)  5ミリ/日 
ファモチジン(胃薬)      5ミリ/日

↑上3つが心臓系ね


心臓の薬ってすんごいお高いんですよ
うちでは、エナラプリルは個人輸入してます


↓ これ。

エナラプリル
エナラプリル10ミリ


大きさはこれくらい
エナラプリル2

1回1/4錠だから、4分割してます

犬猫はだいたいエナカルド(動物専用薬)を使うんだけど
これはもちろん成分が同等のお薬ですよっ
っていうかエナカルドが出る前はこれを飲ませてたんだし


気になるお値段は、1箱さんぜんえん。
これで2か月分なんで、一ヶ月せんごひゃくえん
しかも、もっと安いの見つけたんで
次からは一ヶ月はっぴゃくえん弱になる予定
フフフ。




そして今話題のピモベハート1.25mg(日本製!)はこちら
ピモベハート

小さいでしょ!


実はね、同等薬のベトメディンを用意してたのよ
個人輸入で。心臓の薬高いから。

それがこちら↓

ベトメディン5m
ベトメディン

なにこの大きさ! ヤバイでしょ(涙)


同量のピモベハートと比較
比較


見てお分かりですよね~
絶対ピモベハートだって。これしか無いわ~

しかもベトメディンは個人輸入でも結構お高いんで
お得感があんまり無かったから
ピモベハート使ったほうが絶対イイ!



エナラプリルを抜いた薬代、なんと半額近くになりました(驚)
それでも月に一万はかかるんで(うちの病院のお値段)
もっと安くしたいなー
ラシックスはいずれ減量だし
ブレドニゾロンはそんな高い薬じゃないしー

ファモチジン...か?


しっかし、ベトメディンには参ったわー
確かめてから買えばよかったって思っても
中身(薬本体)のサイズが書いてあるサイトって無いに等しいし
画像もほとんど上がってないのよね

カプセルかタブレットか分からないのもあるしね(汗)



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



うちで使ってる抗甲状腺薬も、外国製の個人輸入ですよん

メチマゾール(商品名チマゾール)

もちろんメルカゾールと同成分
抗甲状腺薬って、2種類しかないし
ジェネリックも無いのよ
安い薬だから、ジェネリック作る必要が無いんだろね

フェリマゾールって動物用はあるけど
動物用に認可されたってだけで、まんまメチマゾールだから!
普通にメチマゾール(メルカゾール)買ったほうがいいよん




これも小さいでしょう!

チマゾール

しかもタブレットだから割りやすい~
そして飲ませやすい~~~


お値段 100錠でにせんろっぴゃく円



スポンサーサイト

Posted on 14:43 [edit]

category: 猫の内蔵型肥満細胞種

tag: ステロイド  ロムスチン  ピモベンタン  肥満細胞腫  分類不能型心筋症  甲状腺機能亢進症 
tb: --   cm: 2

すっかり普通の子に  

好酸球増加でお悩みの
バームクーヘン(M)ちゃんですが

去年くらいから、
なぜかは分からなねど
好酸球が下がってきていて

今年の4/11の検査を最後に
ステロイドを止めることにしたのよ

ちょっと羅列しますね

14/5/13   好酸球 858 (基準値0~1500)
14/6/12   好酸球 540
14/9/27   好酸球 1037
15/4/11   好酸球 651


すごいでしょ!
ほとんど1000以下だもーん

いや、実際はまだまだ好酸球は高いんだけどさ
この子にとっては、夢のような低値更新なのよ。 キャッ

この時で6キロくらいだったかなぁ
ステロイドは4日に1回、2,5ミリだったんだけど
これは体重と比較して最低量以下の処方なのよね

なので、先生と相談して休薬を決めたのよね


実に4年ぶりの休薬だよーん


ステロイド止めてからは
普通にアレルギー症状?みたいのが出てるみたいで
もうね、下っ腹とかお尻周りは舐めハゲができるくらい
なめ壊しちゃって(涙)

まあね、しかし、放置ですよ放置!
舐めハゲくらいじゃ死にはしないんで(汗)
舐め壊すっても皮膚べろーんとかにもならんし
舐めハゲちゃっても、毛が再生するのも早いしねー


そうこうしているうちに
どんどん体重も減ってきてね~
この子、ステロイド飲むようになってから
どんどんどんどん体重が増えてきてたから
止めて体重が減ってくるのは嬉しいんだけど


そろそろ病院へ行かなきゃと思った矢先
胆汁を吐きましてね。
このごろは食も細くなってるし
ぎょ!肝臓ヤバくね?
大デブですい臓炎で死んだ、じじ猫を思い出す~


8/10病院 

まず血液検査
肝臓系の4つのうち2つが高い(汗)

ALB 2.7 (基準値2.3~3.9)
ALP 56 (基準値14~111)
ALT 188 (基準値12~130)
AST 72 (基準値0~48)

エコーで胆のうと肝臓を中心に
内臓をくまなく見てもらったけど
特に変わった気配は無かったわね
もちろん黄疸も出てにゃい


甲状腺?とも思ったけど
甲状腺機能亢進症の特徴がないし
心拍数も160だし
(病院での心拍数が160ってことは普段はもっと少ない)
ALPだって上がってないんだよね
それは無いんじゃないかってことで検査はしなかったのよ


それから2週間たつけど、とにかく今は様子見
食は普通、嘔吐も下痢もなし。
体重はじわじわ減ってる(汗)
(ステロイドで太る前の体重よりは重い)
総じて体調が悪いって感じはしないんだけど

他の子が、肝臓がこれくらいの数値でも
別に驚かないんだけどね
やっぱデブなんで...すい臓炎が...



そして今度はやっぱり甲状腺も検査しないとね
甲状腺の手術したバームクーヘン(L)だって、
あんまり病気の特徴はなかったから
この子だって安心できない~

150810
右)バームクーヘン(M)  左)かしわ餅(1)


そして、とっても良いことが!

なんと 好酸球が100!!!

100ですよ100!!!  うわあああああぁ


すっかり普通の子に(感涙)


ずーーーーーーっと好酸球が高くて
胃腸炎やら肺炎やらにも罹ったりして
ステロイドが命綱で飲まなきゃどうしようもなかったのに

すっかり普通の子に!


なんもしてないのよ。
年取って免疫力が弱くなったからだと思うんだけど
フードのフォーミューラがこっそり変わってて
もしかして好酸球が増加する要因が無くなったとかも
あるかも知れんね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



または、好酸球の増加どころじゃない何かが
体の中で起こってるとか...

まさかどっかに腫瘍が(怖



Posted on 12:21 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  ステロイド  好酸球  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 
tb: --   cm: 2

死にそうにない6  

ご無沙汰です!

いやいや、今年の年度末と年度開始には酷い目に合ったよーん
ぼやぼやしてたら、もう6月も終わるんですねー
そういうことで(どういうこと?)ぼちぼち再始動です~



えと、
その後の女ボスなんすが
どこまで書いたっけな?
備忘録も兼ねてるブログなんで
(というか、もろに備忘録です)
ちゃんと残しとかないと...



この記事の続きです

ステロイドを日に2.5ミリに増量し
輸液を1日おきに150cc入れるようになって
高め安定の現状維持だったんですが
4/25の通院で、ついにアワワに(汗)

4/25
白血球  19500(基準6000~15000)
赤血球  1511(550~1000)
Hb     18.1(8~14)
Ht     62.6(25~45)
BUN    83(12~33)
Cle     2.7(0.7~2.0)


やっぱ、腎臓のリンパ腫をなんとかしないと
もう無理ぽ。

クロラムブシルを使う!絶対に使うからねっ! って
先生に高らかに宣言する飼い主がそこに居たのよ(笑)

もちろん先生は抵抗したけどね(爆)
どうなるか分からんもん


「この子がもうすぐ死にそうなら、この治療でかまわないけど
 まだまだ死なないから、腎臓のリンパ腫なんとかしないと!
 クロラムブシル使わせてくれいっ」

「…そうですね。ほんとに死にそうな顔してないですね~」


ちゅうことで、飼い主責任ですよ
確定診断もしてないし、この年だし。
リスクも十分納得しての投薬開始です


抗がん剤は体表面積で投薬量が決まるみたいで
女ボスはそれでいくと、だいたい1/5錠なんだけど
5等分って難しいんで1/6にしましょうってことに~
1/6錠を1日おきに飲ませることになりましたよーん


さてさて、ドキドキの一週間後は!

5/1通院
白血球  9700(基準6000~15000)
赤血球  1411(550~1000)
Hb     16.4(8~14)
Ht     57.6(25~45)
BUN    75(12~33)
Cle     2.5(0.7~2.0)

うおお! 軒並み下がってる~ 
効果アリだよーん

この結果には先生も胸をなでおろしたみたいで
このまま続けましょうってなりましたー


5/12通院
白血球  10400(基準6000~15000)
赤血球  1373(550~1000)
Hb     16.3(8~14)
Ht     57.7(25~45)
BUN    61(12~33)
Cle     2.6(0.7~2.0)


維持できてますね オッケーですよーん


HbもHtもまだまだ高いっちゃ高いんですが
女ボスの体調も決して悪くないんで
こんな感じでいってみようと思ってますよーん


そして驚いたことに、この後女ボスは転院します


ここの病院ねぇ、輸液がめっちゃ高いんですよ~
ここに通ってたらうちは破産じゃ!と思って
うちは行ってる病院3件あるんですけど
故ババトラが行ってた病院に転院しました

もちろん女ボスも罹ったことある病院ですよ
ちゅうか1番付き合いが長い病院なんですよね~


これこれしかじかで、お世話になりますんでよろしこ!
女ボス、もうすぐ22歳なんですよ~
うーん。うちで3番目(のご長寿)ですね~
なんて感じでー

ババトラの時から輸液は安いの知ってたけど
やっぱり安すぎてびっくり(笑) しかも薬も安いし(嬉)
(自宅輸液と、薬はシート出しでの値段です)
そして、クロラムブシルは私が個人輸入したのを
使うことにしたので、輸液も薬代も大幅ダウンです~


ああ良かった。♪お金は大事だよ~


あ。その時の検査結果
(検査機器が違うから基準値も違う)
5/27
白血球  13000(基準5500~19500)
赤血球  1494(550~1000)
Hb     17.6(10~15)
Ht     53(24~45)
BUN    57(16~36)
Cle     3.1(0.8~2.4)


血液検査はこんな感じでしたが
エコーでは腎臓のリンパ腫(疑)は
さらに大きくなってましたねー
腸の腫れも少し進んだ感があったけど

まあでも現状維持できてると思う~



で、現在の女ボス
150627


体重は2.4~2.5キロをいったりきたり
おかげさまで元気ですよん



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


5/9にうちの4姉妹が17歳を迎えましたよーん!
ブログ休んでる間にも色々ネタはあったんで
小出しにしていきます(笑)

ちゅうか、ちゃんと更新していけるかなぁ(不安)

Posted on 15:40 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  リンパ腫  IBD  自宅輸液  ステロイド 
tb: --   cm: 8

21歳で供血猫になれるレベル(汗)  

3/12は女ボスの通院日~

この日の検査結果で
女ボスの今後が大きく動き出しましたよん



腎臓のリンパ腫(疑い)が、大きくなってました
リンパ腫と腎臓が同じくらいの大きさになってるらしい
血液検査もついにHtが63パーセントに!!

瀉血して、輸液(または静脈点滴)で
血を薄めないといかんのですけど
瀉血はさすがに負担だろうってことで
まずは輸液を毎日で様子を見ることに~

体重で計算すると、日に150ccくらいらしいよん
一週間後にまた血液検査で良かですか?と聞くと
いや、もう若くないしオーバードーズなんかが心配なんで
3~4日後につれてきて下さい。と~

さいですか!
んじゃ、3~4日後によろしく!

ちゅうことで、自宅輸液に突入となったのですが


今の女ボスは、腫瘍(疑)の影響で若い赤血球が
どんどんどんどん作られてる状態で、輸血できるくらいの血液、
すなわち供血猫になれるくらいだそうです~

21歳で供血猫って(笑)


いやいや、それだけ血が濃いってことなんですよねー

こんなドロドロ血じゃ、他の臓器にも影響が出るよ! って
肝酵素がどえりゃぁ高くなったのはそのせいかしら?
確かに女ボスは甲状腺も病んでるけど、体重も変化がないし、
先生はきっとドロドロ血の影響だって言う~

ま、今日は久しぶりにT4も検査するんで
肝酵素の上昇はどっちのせいかは後で分かるよーん

結果、T4は3.6でした(基準値内) 甲状腺は上手くコントロール出来てます



そして自宅輸液のために
輸液セットを出してもらったのですが
酢酸リンゲルと乳酸リンゲル、両方もらってきて
比べることにー

先生押しは、当たり前だけど酢酸リンゲルなんですよねー
代謝が早いし肝臓と腫瘍にやさしいしねっ
ちゅうか、今は値段が同じになったんで
輸液はほとんどが酢酸リンゲル使ってるよね?

うちは、故ババトラが酢酸リンゲルが体に合わなかったんで
どっちが良いか試さないと使うのが怖くてさー

そしたら、女ボスもやっぱり酢酸リンゲルはダメだったわ

輸液中と輸液後の暴れ方が違うっていうか
酢酸リンゲルのときは、あきらかに挙動不審。
女ボスは飽きっぽいから、なだめるのが大変なんだけど
逃げたくて必死だし、鳴き声も全然違うのよ~

なので、輸液は乳酸リンゲルになりました~



さて、4日後の16日に通院~

気になるHtは、59パーセント!
ぅおお! 下がっとるよーんっ
肝酵素も基準値内に下がったー
やっぱドロドロ血の(略)

ひとまず安心。そして今後の治療は?


抗がん剤やってみたい気もあったんですけど
確定診断しなきゃならないし、腎臓も悪くなってるんで
お勧めできないってことでしたね

こんなに元気な女ボス見てるんで
ついつい積極的な治療をしたくなるんですけど
やっぱ無理か。

あ。ステロイドはちょっと増やすことになりました
日に1/3 → 日に1/2 に変更
そして輸液は1日置き、150cc~200cc

これで様子を見て、また一週間後に通院です

15020603



さて、どうなるか!
次回通院は24日です~


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



良いこともあったんですよ!
この年なのに心臓から雑音が聞こえないらしいです
心臓、超元気(笑)
あと、腸の腫れも治まってました(驚)
腸壁はすべて4ミリ未満でしたよん


リンパ腫(疑)を小さくする治療は出来ないんで
後は出来ることをゆるゆると~

Posted on 18:26 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  IBD  ステロイド  甲状腺機能亢進症  自宅輸液  リンパ腫 
tb: --   cm: 8

年は越せないかも知れない  

この間、便秘疑惑で病院へつれてった女ボスでしたが
腹部エコーの結果が散々でして
一ヵ月後の結果では、もっと深刻なことになってました



9/27  便秘(嘔吐)と輸液の相談で通院

意外にも便は溜まってなかった。
ここ数日嘔吐は治まってたのはそのせいか?
しかし触診で硬いものを感知
エコー検査の結果、腸管の腫れとリンパ節の腫れを確認
腸管は筋肉層に及ぶ腫れも確認(うわあああぁ
胃の後ろに壁のようなものがある(正体不明)

またIBDが復活しちゃったな
筋肉層は前にも腫れたことがあるんで
今回もリンパ腫は無いだろって思った(飼い主の勘)

しかし、この胃の後ろの壁って何?
腫瘍とかじゃないのよ!
ほんとに壁のようなものに見えるのよーん

この場所って、すい臓? 
むむむ。やな予感~


これ以上のこと調べるんなら
大学病院になっちゃうんで
それはしません~


ということで、ステロイドを飲み始めました
1日2.5ミリ(半錠) 朝と夜2回に分けて投与

今回の投薬は、先生はかなり慎重になってた
年齢や体調を考えて無理の無い量
体重が2.5キロなんで、1ミリ/キロ/day にしたと思う
しかも2回に分けて与えてくれなんて。
足りるかちょっと不安だけど、21歳だもんね(涙)
こんなときにやっぱ年なんだなってひしひしと感じたよ-ん

2.5ミリ(半錠)を3週間。その後は1/4に減量

女ボスはもともとIBDによる嘔吐や下痢はしないんで
良くなってるかっていうのはエコーを見ないとワカラン(汗)
体調は...特に変化なし ちゅうか
病院行く前も悪いとは思ってなかったしなぁ
輸液の相談はどっかいちゃった(笑)



10/30 その後の経過のため通院

先月よりBUN、Cleは上昇してて検査上でも
脱水がハッキリ見て取れるようになった
T4が思いのほか下がってたんで、その影響か?
(メルカゾールの量は変えてないのに下がってるのは???)

腸の腫れは良くなってる。良好に推移って感じ

胃の後ろの壁のようなものは相変わらず。
そして、その場所に1.2ミリくらいの黒いもの発見  ←訂正 1.2センチです
水分が溜まってると、空洞のように黒く映るんだよね
可能性は水か、膿か、出血か?  うううぅ


とりあえずステロイドはちょっと増えて
1日に1/3錠

輸液はどうしましょう?
先生はBUNが100超えたらって考えみたいで
まだいいんじゃない?みたいな(BUNは85だった)
しかし、念のためにソルラクトも出してもらった

例の空洞が水だとしたら
輸液より利尿剤だろと思うし
(今の女ボスにはもう利尿剤は無理ぽだが)
もって帰っても、まだ輸液はしていないが。


なんだかいっきに今後のことが難しくなってきた



たぶん、すい臓炎で水が溜まってるんだと思ってる
壁のようなのって、すい臓が繊維化して硬くなった?

あああ。すい臓炎で死んだ、じじ猫を思い出すよ


故じじ猫は、あれよあれよという間だったな
女ボスもあと一ヶ月くらいなのかなぁ
そしてじじ猫みたいに痛くて苦しんで死んじゃうのかな
なんて、すんごい暗い気持ちで病院から帰ってきたよ



141101




女ボスは、今のところ変化は無いです
相変わらず元気で、嘔吐はないし、便も普通
さっきも風呂場に入りたがって私に怒られてるし(困)

でも食は細くなってきたな。最近は必ず少ーし残す


しっかし、女ボス見てたら
なんか暗くなってるのがバカらしいっていうか

今更暗くなっててもしょーがないし(笑)
なるようにしかならんさね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



しかし、出してもらったソルラクトが高くてびっくりした
病院でやってもらうのと変わらないんじゃ?
もしも輸液するようになったら、価格交渉必死だな

それか、故ババトラの病院に転院するかだわ



Posted on 15:26 [edit]

category: 猫のIBD

tag: 女ボス  IBD  ステロイド  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 
tb: --   cm: 15

ハゲ散らかす猫生  

今日も元気だ!背中が痒い~

14092702

んべんべんべんべ(エンドレス)



さてさて、好酸球増加症のバームクーヘン(M)ちゃんですが
抹消血の好酸球が下がってきたのを幸いにステロイドを減薬して
それからどーなったのか?って話です~


後頭部が薄くなり、ミステリーサークル状のハゲがいくつも出現し
顔面や頭に丘疹だか蕁麻疹だかが出来ては消えてって感じでしたが
症状はさらに進化(?)してまして、腹に広範囲の舐めハゲを作るという
なんとも情けなくも痛々しいことになってしまい(涙)

尻尾の付け根から始まって
→尻の周りぐるっと→右の下っ腹→左の下っ腹
舐めるわ、掻き毟るわでハゲ散らかしちゃって
しかも舐め壊で傷ができて痛々しい

14092703

ここまでの舐めハゲって、この子の猫生で初めてです~


好酸球がどんどん減っていってるんで
ステロイド、止められるかも! ウヒヒ♪

なーんて思ってたんですけど
このカイカイ加減を見てると
止めていい物やらどうなのやら

好酸球が下がっても、
ステロイドとは縁が切れないかも知れんね orz


とにかくなんとかしないと~

真っ先に思いついたのが、「タクロリムス軟膏」
ステロイド軟膏よりも良く効いて副作用が少ないらしい。
が、これ使うとエリカラつけないとダメなんだよねー
塗ったとこ舐めちゃうからさ...


きっと、雑菌が繁殖してるんだろうね?
こんなとき、わんこならシャンプーなんだろな~
にんげんなら、イソジンで消毒かしら?
(漂白剤をちょっと入れた湯で沐浴するのもアリらしい)


どうしよう、猫だし(爆)

しかも、常在菌(良い菌)を殺さないように消毒したいんですけど(汗)


ということで、患部に智通を塗り塗りしましたよっ!


智通は、腸内において良い菌のエサになり、
繁殖する培地になり、そして悪い菌の増殖を防ぎます
その効果は皮膚の上でも同じこと。


気がついたときに智通の原液or薄めたヤツを
痒いところに塗りたくってますー

あとは、腸内も同時進行せねば!
でもその前に、口の中ってどうなんだろって疑問~
グルーミングの度に雑菌がピンポン状態だよなと思って
口の中を見てみると、奥歯はそうでもないけど
上の牙の歯茎が腫れて痛そうだよん


これは口の中もどうにかせねば~

真っ先に思いついたのが「ササヘルス」
口内炎には定評がありますよねっ

でもこれ、アルカリ度が高いから
良い菌も悪い菌もぜーんぶ死んじゃう~
口内炎、まだ軽症みたいだし
良い菌は温存したい~


ということで、口内と腸のケアにはミヤリサンを投入!




ほんとは智通増量キャンペーンしたいけど
この子は増量すると好酸球が増えるからネ
他に私が信頼する菌は、クロストリジウム族の酪酸菌
すなわちミヤリサン一択。これしかないっス


ミヤリサンを粉にして、お水少々で練り練り~
これを、舌とか口の中にこすり付けて舐めさせました
(乳酸菌等をとらせる場合、水が重要な触媒となるので水分は多めにやって下さい)

量や回数を調整しながら3週間。
カイカイはまだあるんですけど
激しく舐め壊すってのは無くなりましたよ!
牙の歯茎も腫れが引いてますよーん


この子は日常的にゆっるいカイカイはあるんで
ある意味元に戻ったというか~
いや、でも元に戻っただけでも良かったわ
このままなら、せっかく減ったステロイドを増やさざるをえなかったかも~


あとは様子見て、ミヤリサンはいらなくなったら止めるんだけど
一度やりだすと止めるタイミングも難しいわよねー


14092701
いくらハゲてるったって猫生とまで言わなくても(怒)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




9/27
好酸球  1,037 (総白血球 8,300)

前回 6/12 
好酸球  540 (総白血球 9,000)


ややや!
好酸球がまた上がっちゃったー
ミヤリサンの影響かもしれんが
この位の数値ならまだ許容範囲だし

しかし、ステロイドが3日おき→4日おきになってから
4日目にカイカイが1番盛んになるから
薬量を減らして3日おきに戻したほうがいいかもしれん

薬量よりも間隔を空けるほうが副作用は少ないらしいけど
是々非々ってこと考えると、今度相談してみよう


※善玉菌や悪玉菌(良い菌や悪い菌)という言い方をしますが
 いわゆる悪玉菌とされるウエルシュ菌などは肉の消化には必要な菌ですし
 それぞれの菌にそれぞれの重要な役割があります。
 しかもコレ、生きてる微生物だからね~
 奥が深いわぁ。腸内細菌&皮膚の常在菌たち~





Posted on 12:47 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  カイカイ  ミヤリサン 
tb: --   cm: 8

またもや医原性クッシングは否定されたが  

こんにちは。バームクーヘン(M)です

14061301

私は昨日、病院へ連行され、しかも何も言われずおいて行かれました
それどころか「筋肉注射するんだってー 痛いんだよ~」と
わざと私を不安にさせることを、しれっと言い放つ飼い主
病院に置き去りにされ、血を3回も採られ
これから私はどうなるのだろう?と固まってましたが
程なく飼い主が迎えに来て、やっと安心しました

こういう大事なことは事前に話してください!



あああ。良く頑張ったね! えらかったよーん








前回の記事からその後の経過
       ↓
病院に行ったその夜のこと、
バームクーヘン(M)の後頭部側の首筋に毛割れを発見ー
あららら!ずいぶん毛が薄くなってるよーん
よーく見てみると背中全体が、やはり毛が薄い(汗)

ええ!前週の「手ブラ」ではこんなに薄くなってなかったのに!

あわてて腹側も確認したけど
こんなに薄くなったことないっちゅうくらいに薄い(涙)

いやいや。生え変わりで薄くなったのは初めてじゃありませんが
腹側がこんなに薄くなったのは記憶に無い~

やっぱ、医原性クッシングなんでないの?

医原性クッシングは、やることは一つ!
ステロイドを止めることー

投薬間隔を伸ばしたこともあり
丁度良い機会なんで
ステロイドの量も、思い切って半分にしてみました
(独断で決めました。良い子はマネしないでください)


そしたら、出るわ出るわ!

でっかいあごニキビが出来たのを皮切りに
目の上やほっぺた(?)や後頭部や耳の裏に
蕁麻疹?みたいな赤いブツブツ~
(最終的にカサブタになっちゃうんだよね。して、ポロッと落ちる)

140607001
画像悪いけど、ここが真っ赤になってブツブツできてる

140607002
ちょい大き目の出来物。この子はこの場所によく出きる


出ては消え、出ては消えって感じで
一向にキレイな皮膚には戻らない

首筋にポチッとハゲができたんだけど
それも日に日に広がってきてるしー


可愛そうだったけど、ガマンしてもらった
皮膚に出るくらいは、命の危険は無い
見た目よりも痒そうにしてないのが救いであり不思議であり
嘔吐、下痢、咳が出るようなら、即減薬は中止
炎症による後遺症が残ったら、もう取り返しがつかないから


うーん。
ステロイド減らしてこれだけアレルギー様の症状が出るって
やっぱ医原性クッシングではないのかしらー なんて思いつつも
ハッキリさせたいという気持ちが強くてー


迎えて、次回検査日
またまた診察室で疑心暗鬼の雄たけびをあげる飼い主がいました

6/12   好酸球 540 (基準値0~1500)  白血球 9000

前回 5/13  好酸球 858    白血球 7800


また減ってるよ! うそだろっ
こっそりとステロイドだって減らしてたのに(驚)

んで、クッシングの検査もしてもらったんですが
結果は   ノープロブレムでした~



なにやっても、あれだけ下がらなかった好酸球がーーー
素直に喜べない俺がいる(笑)


好酸球が減るってことは?
リンパ球やらなんやらが増えるってことだよね
ま、まさかリンパ腫!

いやいや、この白血球の数値と TP 7.8 でそれを疑う?(爆)
赤血球も793(基準値550~1000)あるしね~


この子にナニが起きてるのかさっぱり分からないけど
やっぱステロイドとサヨナラできる日は近いのか?!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


アレルギーな感じ、ステロイドは減らしてるし
リンパ球が増えたんで、頑張ってIgE作っちゃってんのかな?
これを機に、徐々に正しい免疫反応ができるようになれば(切実)

しかし、猫の医原性クッシングは「まれ」みたいで
検査するってのもやっぱりまれで(他の病院はどーなのかな?)
この子は2年前にもやってるのにすっかり忘れられてた(笑)

うちの子は今回も白だったけど、いくらまれでも
猫にも医原性クッシングがあるのを知ってるんで
疑わしければ検査するよ!
先生、もう忘れないでね(爆)

Posted on 12:37 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  リンパ腫 
tb: --   cm: 5

ステロイドとサヨナラできる日  

「うおおおおおおっ」

またもや診察室で雄たけびをあげる9猫(笑)



バームクーヘン(M)の好酸球値がまた下がってました!

5/13  好酸球 858(11%)  白血球 7800

ななななんと、オドロキの1000以下ですっ


白血球がいつもより少ない(普段は9000~10000)のを差引いても
この数値はまさに奇跡的!!!


何かが起こっているのは間違いない。




ちょっとおさらい。

バームクーヘン(M)は、末梢血に好酸球の増加があります
正常範囲は0~1500ですが、この子は常時基準値越えしています
末梢血で好酸球が高くても、すなわち病気ということではありませんが
この子の場合、好酸球増加が原因と思われる胃腸炎や肺炎(または喘息・気管支炎)等の
症状が出るので、ステロイドで好酸球をおさえる治療をしています




今はステロイドを週に2回 2.5㎎飲ませてますが
この結果を受けて、4日に1回 同量に変更しました


ううう。ステロイドとサヨナラする日が近づいてるのか?(感涙)

140360
じつはまた太った。糖尿の心配もせねば



またまた病院で狂喜乱舞だった私ですが
うちに帰ってきて冷静になると(笑)
クッシングじゃね?という考えがむくむくと。

2年前の検査じゃ否定されたのよねー
どうなんだろ? また検査したほうがいいのかなぁ
その他の項目でクッシングを匂わせるものは無かったんで
とりあえず次回検査まで様子見します


他に好酸球が下がるのって無かったかな?
宿題だな。うん



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




好酸球増多症候群(好酸球性白血病)のブロ友さんちの猫さんも
このところ、奇跡としか思えないような検査結果が出て(嬉)
(危機的な状況を幾度も乗り越えてきたけど
もうギリギリ、瀬戸際っちゅうところまでいってた)

長いこと経過見てて、応援しあったり励まされたりしてたから
その奇跡っぷりに驚きの声しかでないけど
我慢して、耐えて、治療を続けてれば
いつかこういうよき日もやってくるのかなって思たよ


闘病中のみなにゃんにも、どうか良いことがありますように!



 

Posted on 10:55 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド 
tb: --   cm: 5

鈍感力がついてきた?  

全私が泣いた!

好酸球増加でお悩みのバームクーヘン(M)が
過去最低から2番目の低い数値を叩き出しました!!!


2/16  好酸球 1104(12%)  白血球 9200


うわああああああぁ

こんな低い数値、何年ぶりだぁね!
みく(本名)ちゃん、でかしたっ!



ほんとに何年ぶり?って調べてみたら

過去最低値は、09年6月の 1068
近似値が 11年9月の 1152
(1200以下ってのもこの3回しかない)


ただね、今回のとは条件が全然違うのよーん

09年の時は、4月から毎日10ミリのステロイド、その後徐々に減薬、
最終的に1日おきに5ミリの投薬になって2週間後の結果の数値

11年の時は、やっぱり1日5ミリから始まって
2.5ミリを1日おきに飲んでた頃の数値だし


週に2回、2.5ミリの投薬でずーーーーっときて
こんなに低い数値がでたなんて(感涙)



狂喜乱舞してる私に、先生がぼそっと一言。

「敏感じゃなくなってきたのかな~」


ややややっと、やっと免疫力が落ちてきた? 

いや普通は喜ぶことじゃないと思うんだけど
この子に限ってはうれしい限りというこの矛盾



もっと敏感じゃなくなってもいいのよ。


140360


この子も5月で16歳。
やっぱ年取って免疫が鈍感になってきたのかな

この調子で落ちてってくれれば嬉しいよーん


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



しかし、体重はまた増えた orz

ステロイドって、
間隔あけて飲む子のほうが太りやすいらしいよ

先生がフードについてアドバイスしてくれてたけど
喜びすぎてトランス状態(爆)だったんで話全然覚えてない


Posted on 17:48 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド 
tb: --   cm: 5

さて、好酸球はどうなった?  

こんにちわ。
バームクーヘン(M)です

130399

秋といえば? そうです食欲の秋!
私はとても偏食でいつも飼い主が困っているのですが
食べたくないものはしょうがないです
匂いをかいで顔を背けたら
いつまでもしつこく食べさそうとしないで
すみやかにいつものねこ缶を出してください
あ。私はチーズも鰹節も海苔も食べませんので
いくら好きなシリーズでも
これらが入ってるのは食べませんよ
期待しても無理です。





ほんとにあんたは食の幅が狭いね トホホ



さてさて、好酸球増加でお悩みのバームクーヘン(M)ちゃん
ここ3ヶ月ほど、思い切って減薬をしてみました

・・・と言っても
三日に1回 を 週に2回 にしてみたんですよね
だいたい月に2回程度、投薬が減る計算です
薬量の変更は無し(一回2.5ミリグラム)

とっても微妙な減薬ですけど
まあでも、大きな一歩ですよん(笑


そして気になる好酸球は?

前回  好酸球 1632 (正常値0~1500)

今回  好酸球 1602 (正常値0~1500)



おおお!
減薬wしたにもかかわらず
好酸球があまり変わってない!!! ヤホーイ

ビタミンCを始めたからかしら?
なーんて思ったんですけど
結局たいした量は与えてないんで
Vcのおかげというよりも
週に2回の投薬が、今の状態を維持できる
最低限の間隔なんだと思ってる

現状でのこれ以上の減薬はむずかしいだろな


この子のことは、どうも考えがまとまらなくて。
緊急にどうこうっていう状態じゃないから
このままで(もちろん少量のステロイドで)って思ったり
いや、やっぱまずいよね?なんとかせにゃ~と思ったり
行ったり来たりですわ。


好酸球が常に異常値でステロイドを飲まざるを得ない

まあ、異常な状態なんですけどね。
慣れちゃってる飼い主が情けないのか。。。

重症化しちゃったら抗がん剤使うしかないんだけど
よく効く薬もリサーチ済みなんで
それについてはちょっと余裕?
(ガンや白血病に移行するかも分からんが
 そうなるかどうかの分岐点もそもそも不明
 お願いだから現状維持でよろしこ)


そういうことで(どういうこと?)、
なんかよさそうな薬とサプリ見つけたんで
情報投下しますよーん


トシル酸スプラタスト 薬名 IPD(アイピーディー)

・Th2細胞によるIL-4、IL-5を抑制することでIgE抗体産生抑制と好酸球の活性化が抑制される。

IPD 好酸球 でググると、グッと来る情報が沢山出てきます! イイヨイイヨ




コロストラム (ニュージーランド産がいいらしい)

牛の初乳ですね。 いわゆるラクトフェリンも含まれてます
リーキガットにいいようです。DNAの修復もするとか

※こーゆー系統のサプリには免疫ミルクってのもありますけど
コロストラムとの違いは、グロブリンの種類みたいですね
免疫ミルクにはIgGしか入ってないみたいなんですが
コロストラムにはIgGをはじめM,A、E等がまんべんなく(以下略



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


ううむ
IPDはかなーり気になってます。
ちょっと使ってみたい気がス

あと、とっても消極的な希望なんだけど
年取ると免疫力が弱くなるっていうでそ?
このままどんどん弱まっていって
気が付いたら良くなってた!ってことになればいいなぁ
しかし、免疫が弱まると他の病気が心配に(汗)

Posted on 20:33 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  コロストラム  免疫ミルク 
tb: --   cm: 6

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。