スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

もう夢は見ないことにした  

5/26
好酸球増加症のバームクーヘン(M)の通院日

前回の通院日では、良い結果に喜びましたが
ブログ仲間さんの間で恐ろしいジンクスがあり
うちももれなく、そのジンクスに大当たり(涙)

「ブログで調子良し!と書けば崩れる」

ああああ。
なんという恐ろしいジンクス。。。


前記事の後、すぐにグルーミングが増えだして
フケもちょっと増えたような?
こりゃあイカンと思い、パンフェノンSを増量。
そしたらグルーミングが少し収まったんです!
フケも無くなってきたんです!
このままイケるか? と思ったのもつかの間
すぐに症状がぶりかえしてー



そして迎えた血液検査

結果は 惨敗 でした


白血球 10500  好酸球 2205(基準値0~1500)


これだけならまだしも、
ええええええええ!
みたいな項目もあったんでかなり気になってますが

なにせこの日の病院はスゴイことになってまして
狂犬病予防のシーズンで、ワンコさんで大混雑~
たくさんのワンコの鳴き声の中でしばし待たされ
うちの子の緊張と興奮はMAXだったと思います(涙)

こんな状態での採血でしたので
まあ、血液検査は近々リベンジするとして

好酸球の数値は、緊張や興奮に影響を受けません
コレはコレとして受け止めないと。



当然のことながら
4日に1回の投薬(ステロイド)が、3日に1回に戻りました

いや、帰ってきてから思うと
3日に1回で大丈夫なの!という数値なんですが(汗)

...要観察です



さようなら、パンフェノンS

いい夢見させてもらったわぁ。。。

飲むのがイヤイヤだったバームクーヘン(M)には
悪夢でしかなかったのかも知れないけど


SHP_1271.jpg



バームクーヘン(M)は
一生ステロイドは切れない。って言われてて
もう何年も前から。


もういいかげんに受け入れることにしました


フードやらサプリやら、なにやっても結果が出ない

もう小手先の方策には夢を見ないことにしました




でも、何もせずにこのまま一生ステロイドを
飲ませるつもりもありません


ということで、

減感作療法

この治療法にチャレンジしようと思ってます



やったるでぇ! 減感作療法!!!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!


だが、金が無い \(^o^)/

早くやりたいけど、秋~冬ぐらいになりそうー

減感作療法については、今度じっくりと書きますねー
スポンサーサイト

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: 好酸球  バームクーヘン(M)  パンフェノンs   
tb: 0   cm: 6

効果アリ!? 【パンフェノンS】  

2ヶ月前のちょうど今頃、
ワタシは頭を抱えていました(汗)


SHP_0717.jpg


バームクーヘン(M)のデブーンが止まらない
4キロ~4.3キロくらいだったのが
徐々に肥えてきて 今、5.25キロです \(^o^)/

原因はステロイドだと思う~ ううう




この子の持っているモノ(病気?体質?)を
皆様になんと説明したら良いのか(悩)


白血球の1つである好酸球が、常に異常値である


異常値でも、何事も無ければ良いんですけどー

この子の場合、
増えすぎた好酸球が原因と思われる
胃腸炎(1回)と肺炎(2回)をやってますんで

ステロイドで好酸球の増加を押さえ込む必要があります


ちなみに、ナゼ好酸球が異常値なのかは分かりません

原因究明も考えたのですが(アレルギー検査と骨髄検査)

血液検査の数値と好酸球の形状から
今のところ骨髄が原因とは考えにくいし、
食べてるフードと掃除機内のゴミ持って行って
さあ、コレで検査してくれ!って出来ない限り
アレルギー検査もいまいちね。信用できないでしょう

上記の検査をするんだったら
そのお金で須○先生のフォトチェックをしてもらった方が
よっぽど良いような気が(マジで)



なんかこの太り方、医原性クッシングみたいな?
でも好酸球高いから違うと思うけどー
このままデブーンだと糖尿の危険性もっ

とにかくステロイド減らさなきゃ!
デブーンを止めなきゃ!!!


ってことで半ば強引に減薬。
3日に1回 2.5ミリ → 4日に1回 2.5ミリへ
とたんに増えだすグルーミング
いやな予感。。。


やっぱ減薬の結果は顕著でした

3日に1回 2.5ミリ
白血球 9600 うち好酸球 1152(12%) (正常値 1500以下)

   

4日に1回 2.5ミリ
白血球 9200 うち好酸球 1794(19.5%)



あああああああああぁ 

ステロイドを減らしたいのに
この状態ではとうてい無理ゲー




そしてここからが本題!(長かったw)


以前から興味があったパンフェノンSを試すことに!


パンフェノンS 120粒


心臓病やアレルギーに良いとされるこの商品
主成分はピクノジェノ―ル
高い抗酸化力を誇りますー

この抗酸化力、実は重要。

好酸球は死ぬ時に活性酸素を撒き散らす
好酸球が多ければ、その分活性酸素も増える(怖)

とにかく活性酸素だけでも減らせれば御の字だよね!



ということで、1/23からパンフェノンSを投与

ステロイドはそのまま4日に1回
フードの変更無し

投与後 1週間くらいでグルーミングが減りましたっ
好感触!
でも、数値を確認するまでは分からんゾ 

        ・

        ・

        ・

そして8週間経過。 気になる数値は!



3/17 血液検査結果

白血球 10900 うち好酸球 1493(13.7%)



ぎやあああああああああああああ

ききき基準値内だよぉ~

うわあああああああああああああ(以下エンドレス)



(この子の今までの経過から見て、
 たまたま好酸球が下がった。とは考えられません)


出ましたね!
効果ありましたよっ!


ステロイドはこのまま4日に1回で継続
パンフェノンSも続けてみますー


ステロイドが減らせますように
頼む!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!


この日、IBDの女ボスも良い結果が(感涙)
女ボスに与えたサプリは次記事で!

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  パンフェノンs  ステロイド 
tb: 0   cm: 7

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。