死にそうにない6  

ご無沙汰です!

いやいや、今年の年度末と年度開始には酷い目に合ったよーん
ぼやぼやしてたら、もう6月も終わるんですねー
そういうことで(どういうこと?)ぼちぼち再始動です~



えと、
その後の女ボスなんすが
どこまで書いたっけな?
備忘録も兼ねてるブログなんで
(というか、もろに備忘録です)
ちゃんと残しとかないと...



この記事の続きです

ステロイドを日に2.5ミリに増量し
輸液を1日おきに150cc入れるようになって
高め安定の現状維持だったんですが
4/25の通院で、ついにアワワに(汗)

4/25
白血球  19500(基準6000~15000)
赤血球  1511(550~1000)
Hb     18.1(8~14)
Ht     62.6(25~45)
BUN    83(12~33)
Cle     2.7(0.7~2.0)


やっぱ、腎臓のリンパ腫をなんとかしないと
もう無理ぽ。

クロラムブシルを使う!絶対に使うからねっ! って
先生に高らかに宣言する飼い主がそこに居たのよ(笑)

もちろん先生は抵抗したけどね(爆)
どうなるか分からんもん


「この子がもうすぐ死にそうなら、この治療でかまわないけど
 まだまだ死なないから、腎臓のリンパ腫なんとかしないと!
 クロラムブシル使わせてくれいっ」

「…そうですね。ほんとに死にそうな顔してないですね~」


ちゅうことで、飼い主責任ですよ
確定診断もしてないし、この年だし。
リスクも十分納得しての投薬開始です


抗がん剤は体表面積で投薬量が決まるみたいで
女ボスはそれでいくと、だいたい1/5錠なんだけど
5等分って難しいんで1/6にしましょうってことに~
1/6錠を1日おきに飲ませることになりましたよーん


さてさて、ドキドキの一週間後は!

5/1通院
白血球  9700(基準6000~15000)
赤血球  1411(550~1000)
Hb     16.4(8~14)
Ht     57.6(25~45)
BUN    75(12~33)
Cle     2.5(0.7~2.0)

うおお! 軒並み下がってる~ 
効果アリだよーん

この結果には先生も胸をなでおろしたみたいで
このまま続けましょうってなりましたー


5/12通院
白血球  10400(基準6000~15000)
赤血球  1373(550~1000)
Hb     16.3(8~14)
Ht     57.7(25~45)
BUN    61(12~33)
Cle     2.6(0.7~2.0)


維持できてますね オッケーですよーん


HbもHtもまだまだ高いっちゃ高いんですが
女ボスの体調も決して悪くないんで
こんな感じでいってみようと思ってますよーん


そして驚いたことに、この後女ボスは転院します


ここの病院ねぇ、輸液がめっちゃ高いんですよ~
ここに通ってたらうちは破産じゃ!と思って
うちは行ってる病院3件あるんですけど
故ババトラが行ってた病院に転院しました

もちろん女ボスも罹ったことある病院ですよ
ちゅうか1番付き合いが長い病院なんですよね~


これこれしかじかで、お世話になりますんでよろしこ!
女ボス、もうすぐ22歳なんですよ~
うーん。うちで3番目(のご長寿)ですね~
なんて感じでー

ババトラの時から輸液は安いの知ってたけど
やっぱり安すぎてびっくり(笑) しかも薬も安いし(嬉)
(自宅輸液と、薬はシート出しでの値段です)
そして、クロラムブシルは私が個人輸入したのを
使うことにしたので、輸液も薬代も大幅ダウンです~


ああ良かった。♪お金は大事だよ~


あ。その時の検査結果
(検査機器が違うから基準値も違う)
5/27
白血球  13000(基準5500~19500)
赤血球  1494(550~1000)
Hb     17.6(10~15)
Ht     53(24~45)
BUN    57(16~36)
Cle     3.1(0.8~2.4)


血液検査はこんな感じでしたが
エコーでは腎臓のリンパ腫(疑)は
さらに大きくなってましたねー
腸の腫れも少し進んだ感があったけど

まあでも現状維持できてると思う~



で、現在の女ボス
150627


体重は2.4~2.5キロをいったりきたり
おかげさまで元気ですよん



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


5/9にうちの4姉妹が17歳を迎えましたよーん!
ブログ休んでる間にも色々ネタはあったんで
小出しにしていきます(笑)

ちゅうか、ちゃんと更新していけるかなぁ(不安)

スポンサーサイト

Posted on 15:40 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  リンパ腫  IBD  自宅輸液  ステロイド 
tb: --   cm: 8

21歳で供血猫になれるレベル(汗)  

3/12は女ボスの通院日~

この日の検査結果で
女ボスの今後が大きく動き出しましたよん



腎臓のリンパ腫(疑い)が、大きくなってました
リンパ腫と腎臓が同じくらいの大きさになってるらしい
血液検査もついにHtが63パーセントに!!

瀉血して、輸液(または静脈点滴)で
血を薄めないといかんのですけど
瀉血はさすがに負担だろうってことで
まずは輸液を毎日で様子を見ることに~

体重で計算すると、日に150ccくらいらしいよん
一週間後にまた血液検査で良かですか?と聞くと
いや、もう若くないしオーバードーズなんかが心配なんで
3~4日後につれてきて下さい。と~

さいですか!
んじゃ、3~4日後によろしく!

ちゅうことで、自宅輸液に突入となったのですが


今の女ボスは、腫瘍(疑)の影響で若い赤血球が
どんどんどんどん作られてる状態で、輸血できるくらいの血液、
すなわち供血猫になれるくらいだそうです~

21歳で供血猫って(笑)


いやいや、それだけ血が濃いってことなんですよねー

こんなドロドロ血じゃ、他の臓器にも影響が出るよ! って
肝酵素がどえりゃぁ高くなったのはそのせいかしら?
確かに女ボスは甲状腺も病んでるけど、体重も変化がないし、
先生はきっとドロドロ血の影響だって言う~

ま、今日は久しぶりにT4も検査するんで
肝酵素の上昇はどっちのせいかは後で分かるよーん

結果、T4は3.6でした(基準値内) 甲状腺は上手くコントロール出来てます



そして自宅輸液のために
輸液セットを出してもらったのですが
酢酸リンゲルと乳酸リンゲル、両方もらってきて
比べることにー

先生押しは、当たり前だけど酢酸リンゲルなんですよねー
代謝が早いし肝臓と腫瘍にやさしいしねっ
ちゅうか、今は値段が同じになったんで
輸液はほとんどが酢酸リンゲル使ってるよね?

うちは、故ババトラが酢酸リンゲルが体に合わなかったんで
どっちが良いか試さないと使うのが怖くてさー

そしたら、女ボスもやっぱり酢酸リンゲルはダメだったわ

輸液中と輸液後の暴れ方が違うっていうか
酢酸リンゲルのときは、あきらかに挙動不審。
女ボスは飽きっぽいから、なだめるのが大変なんだけど
逃げたくて必死だし、鳴き声も全然違うのよ~

なので、輸液は乳酸リンゲルになりました~



さて、4日後の16日に通院~

気になるHtは、59パーセント!
ぅおお! 下がっとるよーんっ
肝酵素も基準値内に下がったー
やっぱドロドロ血の(略)

ひとまず安心。そして今後の治療は?


抗がん剤やってみたい気もあったんですけど
確定診断しなきゃならないし、腎臓も悪くなってるんで
お勧めできないってことでしたね

こんなに元気な女ボス見てるんで
ついつい積極的な治療をしたくなるんですけど
やっぱ無理か。

あ。ステロイドはちょっと増やすことになりました
日に1/3 → 日に1/2 に変更
そして輸液は1日置き、150cc~200cc

これで様子を見て、また一週間後に通院です

15020603



さて、どうなるか!
次回通院は24日です~


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



良いこともあったんですよ!
この年なのに心臓から雑音が聞こえないらしいです
心臓、超元気(笑)
あと、腸の腫れも治まってました(驚)
腸壁はすべて4ミリ未満でしたよん


リンパ腫(疑)を小さくする治療は出来ないんで
後は出来ることをゆるゆると~

Posted on 18:26 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  IBD  ステロイド  甲状腺機能亢進症  自宅輸液  リンパ腫 
tb: --   cm: 8

そろそろ悪運も尽きるか ★追記あり  

女ボス(21歳と5ヶ月)、ついに悪運が尽きるのか(汗)


11日の通院の結果が非常に悪かったんです。

以前からの懸案の、胃の後ろ側の件ですが、
(壁のようなものと空洞が有った件)
これは現状維持みたいな状態でしたが
今回、左の腎臓の下に何かがあるという...

たぶんリンパ腫? 


うわあああああああぁ (この日3回目)


腎臓に腫瘍が出来ると、造血ホルモンが刺激されて
多血症になったりするんですが

なるほどね。
その日の女ボスの血液検査結果見ると
やっぱり!って数値がズラリと並んでて~

赤血球      1393 (基準値550~1000万)
ヘモグロビン   16.6 (基準値8~14)
ヘマトクリット   58.0 (基準値25~45)


一ヵ月後に再度検査し
多血症が進んでいたら直ちに
瀉血、点滴の処置をする段取りです



腸の腫れも、進んでる箇所が増えてたし(汗)
こんなに悪くなってるんかい!
って感じの女ボスの腹の中~


検査結果からは想像できないほどの
いつもと変わらず元気な女ボスが居ますが


今朝、後足がふらついてるのを初めて見ました



まずい。ついに弱ってきたか(汗)


1501192



そろそろかなぁ
でも悲壮感はないよーん

なぜなら女ボスだから(意味不明


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



★1/21追記

1/19はほんとにヨロヨロで、2階に上がれなくなった
低血糖?と思って砂糖水飲ませた(てんさい糖ってヤツ)
その日はカリカリもあまり召し上がらず。
だが食欲はあるしトイレも自力


1/20は、昨日よりもヨロヨロ具合が良くなった
2階にも上がれるようになって飼い主ビックリ!
こっそり後をついて行ったんだが
軽やかな足取りで階段を下りる様にさらにビックリ!!

しかし、あくまでヨロヨロが少し良くなったっちゅうくらいで
足元が心もとないのは変わらず


★1/23追記

いつのまにか足ヨロが無くなってる!
昨日はいつもどーりに歩いてたよーん(嬉)

あんなにフラフラヨロヨロして心配だったのに
あれはナンダッタンダロウ
年取るといろんなことが出てくるってことか


Posted on 14:40 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  IBD  リンパ腫 
tb: --   cm: 11

またもや医原性クッシングは否定されたが  

こんにちは。バームクーヘン(M)です

14061301

私は昨日、病院へ連行され、しかも何も言われずおいて行かれました
それどころか「筋肉注射するんだってー 痛いんだよ~」と
わざと私を不安にさせることを、しれっと言い放つ飼い主
病院に置き去りにされ、血を3回も採られ
これから私はどうなるのだろう?と固まってましたが
程なく飼い主が迎えに来て、やっと安心しました

こういう大事なことは事前に話してください!



あああ。良く頑張ったね! えらかったよーん








前回の記事からその後の経過
       ↓
病院に行ったその夜のこと、
バームクーヘン(M)の後頭部側の首筋に毛割れを発見ー
あららら!ずいぶん毛が薄くなってるよーん
よーく見てみると背中全体が、やはり毛が薄い(汗)

ええ!前週の「手ブラ」ではこんなに薄くなってなかったのに!

あわてて腹側も確認したけど
こんなに薄くなったことないっちゅうくらいに薄い(涙)

いやいや。生え変わりで薄くなったのは初めてじゃありませんが
腹側がこんなに薄くなったのは記憶に無い~

やっぱ、医原性クッシングなんでないの?

医原性クッシングは、やることは一つ!
ステロイドを止めることー

投薬間隔を伸ばしたこともあり
丁度良い機会なんで
ステロイドの量も、思い切って半分にしてみました
(独断で決めました。良い子はマネしないでください)


そしたら、出るわ出るわ!

でっかいあごニキビが出来たのを皮切りに
目の上やほっぺた(?)や後頭部や耳の裏に
蕁麻疹?みたいな赤いブツブツ~
(最終的にカサブタになっちゃうんだよね。して、ポロッと落ちる)

140607001
画像悪いけど、ここが真っ赤になってブツブツできてる

140607002
ちょい大き目の出来物。この子はこの場所によく出きる


出ては消え、出ては消えって感じで
一向にキレイな皮膚には戻らない

首筋にポチッとハゲができたんだけど
それも日に日に広がってきてるしー


可愛そうだったけど、ガマンしてもらった
皮膚に出るくらいは、命の危険は無い
見た目よりも痒そうにしてないのが救いであり不思議であり
嘔吐、下痢、咳が出るようなら、即減薬は中止
炎症による後遺症が残ったら、もう取り返しがつかないから


うーん。
ステロイド減らしてこれだけアレルギー様の症状が出るって
やっぱ医原性クッシングではないのかしらー なんて思いつつも
ハッキリさせたいという気持ちが強くてー


迎えて、次回検査日
またまた診察室で疑心暗鬼の雄たけびをあげる飼い主がいました

6/12   好酸球 540 (基準値0~1500)  白血球 9000

前回 5/13  好酸球 858    白血球 7800


また減ってるよ! うそだろっ
こっそりとステロイドだって減らしてたのに(驚)

んで、クッシングの検査もしてもらったんですが
結果は   ノープロブレムでした~



なにやっても、あれだけ下がらなかった好酸球がーーー
素直に喜べない俺がいる(笑)


好酸球が減るってことは?
リンパ球やらなんやらが増えるってことだよね
ま、まさかリンパ腫!

いやいや、この白血球の数値と TP 7.8 でそれを疑う?(爆)
赤血球も793(基準値550~1000)あるしね~


この子にナニが起きてるのかさっぱり分からないけど
やっぱステロイドとサヨナラできる日は近いのか?!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


アレルギーな感じ、ステロイドは減らしてるし
リンパ球が増えたんで、頑張ってIgE作っちゃってんのかな?
これを機に、徐々に正しい免疫反応ができるようになれば(切実)

しかし、猫の医原性クッシングは「まれ」みたいで
検査するってのもやっぱりまれで(他の病院はどーなのかな?)
この子は2年前にもやってるのにすっかり忘れられてた(笑)

うちの子は今回も白だったけど、いくらまれでも
猫にも医原性クッシングがあるのを知ってるんで
疑わしければ検査するよ!
先生、もう忘れないでね(爆)

Posted on 12:37 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  リンパ腫 
tb: --   cm: 5

てっきりお迎えが来たかと ★追記あり   

その後のババトラちゃんですが

どんどんどんどんやせ細りまして
現在は2.4キロまで体重が落ちました(涙)
(最近の写真が無くてスマン。骨と皮です)


すっかり食も落ちちゃって
あれやこれや差し出すんですが
ふんふんと匂いを嗅ぐばかりで食べず
食べても一口とかそんなもんで

ブロ友さんに教えてもらった「生卵の黄身」!
おお! その手があったか!!!
・・・しかし、まったく食べなかった orz


でもー、体調はそれほど悪くないらしく(謎)
嘔吐も無ければうんちもいいのが出ますし
いまだに階段をえっちらおっちら上って
2階のトイレにも行きますし
出窓にも上がります(驚)
さすがに足元はふらついてますけど
まだまだ行動は矍鑠(カクシャク)としてますよーん


なんだか、ただの老衰の猫さんって感じがします。
確かに慢性腎不全とリンパ腫はあるんですけどねー
だけど病状が強く現れないのはいいことですよーん!


ただ、ほんとに食べなくなっちゃって
出窓の寒いとこで一人ずーーーっと寝てたりとか
これは。。。もう。。。そろそろかも
なんて覚悟してたんですよ
(もともと3月いっぱいかもと思ってたんで今でさえ奇跡かと思ってる)

最近良く食べてた、いなば ささみ(カルシウム入り)
昨日はもうまったく食べなくなっちゃったし
とにかく、なにか食べるものって探して
流動食っぽいトロトロしたのも全然食べないし
大好物の焼き魚(ほっけ)も食べないし
どうしようかと思ってたらー


今朝、ドライフード食べました(嬉)


ドライも食べなくなってたので諦めてたんですが
どうやら粒の大きさの問題で食べられなくなってたみたいで
小さく割ってあげたらもりもり食べましたよ!

腎不全も進んでるんで
正直ドライよりウエットを食べて欲しいんですが
本猫はドライが食べたかったようです



うん。まだまだできる!

どうやらお迎えはもうちょっと先か?



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




みんな驚くかもしれないけど
いまだに輸液は週に1回なんです
さすがにもう増やしどころだと思うんで
明日病院に行ってアレコレと相談してきますー





★追記

急変しました
現在は寝たきり(たぶん昏睡状態)です
やっぱりお迎えがきたのか(涙)

Posted on 21:31 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  慢性腎不全  リンパ腫  自宅輸液  ステロイド 
tb: --   cm: 7

死にそうにない3  

しゅ~よ~う~が~
小~さく~なってるぅ~~~



ハッ!
あまりの嬉しさに文字がついつい大きく(嬉)

まさかのリンパ腫(疑い濃厚)といわれた
うちのババトラちゃん(19歳と7ヶ月)

ステロイド飲んで10日経ちましたが
24日の触診でこう言われましたよっ

「明らかに感触が違う!小さくなってると思います!」


ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


下痢がピッタリと止まってたので
腫瘍もきっと小さくなってる?と思ってたのだけど
やっぱりそうなんだっ! って大喜びしましたよーん

ちなみに確認は触診のみです。
下痢が止まって、なにやら小さくなってる
この事実だけで十分です。
どのくらい小さくなったかなんてことは
今のババトラにとって必要ではありません


本当に良かったあああああ

こんなんで下痢が止まるんかな?って
ステロイド飲ませるまでは半信半疑だったんですー
薬量だって、決して多いって言えない量だし
しかもいいブツが毎日出てます(笑)

本当に効いてくれて良かった!
ありがとーん!



正直、3月いっぱいもたないと思ってたんです。


日に日に体重が減ってて
腎臓の血流もたいした悪くなってるし
とどめがリンパ腫の疑いで

こりゃアレだなって覚悟はしてました


でもー
この調子だと、お迎えが来るのは
もう少し先のような気がしてます!


食事もトイレも全然問題ないし
食後の散歩もかかしませんw
1階のトイレも2階のトイレも自由に使います
もちろん2階に行くのに階段上って行くんですけど
足取りもしっかりしてますよ!


130258


なーんて、他の人が見るとたぶん
よぼよぼよれよれのもうヤバそうなお婆ちゃん猫なんだろな
とっても素晴らしい可愛い猫だって思うのは
きっと、飼い主のよく目(以下略


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!



ホントに行動にはまだ問題ないですけど
体重が3キロジャスト(汗)
どんどんどんどん減っていってます。
たとえ腫瘍が無かったとしても、
体重の維持や増加はもう期待できない状況だと思う


3月いっぱいは大丈夫だと思うけど
やっぱり残された日は少ない?

ちなみに乳腺腫瘍の女ボス(19歳7ヶ月)も
ちょー元気ですっwww


Posted on 10:37 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  慢性腎不全  リンパ腫  ステロイド  女ボス 
tb: --   cm: 8

液状栄養補助食品「ビオベテリナリー」  

前回の記事の、謎の液体の正体はコレです

130261
ビオベテリナリー キャット


こちらがパンフレット
130262



病院で「こんなのありまっせ~」って紹介されましたー


経腸栄養剤(クリニケアとかカケシアとか)ですか?と聞くと

いやいや!そんな大そうなものじゃなくて、例えるなら
リポビタンDとかオロナミンCくらいの感じのものですよ!
っちゅうことでしたー



確かにたんぱく質も脂肪も控えめだわーん
具合悪いときって、無理に高栄養のもの与えるより
こーゆーマイルドで軽い(?)方がいいのかもね~


そして気になる食いつき(飲みつき)は?


ぬるま湯で少し薄めて与えたところ
スッゴイ勢いで飲んでましたー
好きな味みたいで、良かった!
沢山お飲み~~~



ただね、すっごい飲むときもあるし、
嫌がって逃げるときもあるんです
(そんな時は無理に勧めませんけどね)


そして不思議なことに、コレはばば猫たちしか飲みません
他の若い子達は(いや若いっても今年15歳w)全くの無反応ですー
まだまだ必要ないんかい(笑)





にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!




栄養補給にと思って、こんなものも用意してました

130250


コンクレバンは500ml入りで
開封後3週間くらいで飲みきること なので
怖くて開けてません(絶対に飲みきれないw)

こどもレバコールは、
薄めてシリンジで飲ませたら吐きました orz


やはり自発的に美味しく食べてくれるのが1番ですね
そういうことも言ってられない状況もあるでしょうが
なるべく本猫の意向(好み)に沿うように~



あと、画像はありませんが
カタスパンAも取り寄せましたー
なんか粉と水で作るインスタントの
生クリームのような味がしましたよーん
(練乳にも近いような?)
これは、一口舐めて終了。ううっ



ビオベテリナリー
ネットでも売ってるんですねー



ネットのほうがもちろんお安いけど
3本入りってちょっとね~

Posted on 14:35 [edit]

category: 猫サプリほかフード関連

tag: 慢性腎不全  ババトラ  リンパ腫 
tb: --   cm: 5

3つの相談事  

さてさて、
うちのババトラのその後なんですが ---

その前にまず今回の経緯を。

断続的にやわい便or下痢が続いていたので
10日に病院へ行って診てもらうと
まず触診で、腸になにやら出来物がある。と
エコーで見ると、腸管のリンパ節に2センチほどのブツ発見!
その時は複数個出来物が見つかってー(汗)
一番大きいのが2センチ。 2センチったら。。。アワワ

この場所に出来てるとなると
消化管型リンパ腫の可能性があります


ちゅーことでしたー

生検はしないんで
ハッキリと診断がついたわけぢゃありませんが
8割がた間違いないと思うってことでー


その時点で ステロイド って頭によぎったんですが
今後の選択肢いかんでは影響がでちゃうこともあるんで
イロイロと話だけして終了ー

でも、その日を境にいよいよ下痢が激しくなってきて(涙)

いわゆる しぶり腹 って感じで
最初は末端軟便から始まり、少量の下痢便が何回も出て
次は水が出て、最後は粘液がねろっと出て終わる ような状態。
それが1日に何回も(大泣)


こりゃいかんわ って
13日に病院へご相談に行きました



相談事は、この3つ。

1.ステロイドを飲ませたい
2.輸液の乳酸リンゲルはこのまま?
3.いよいよになったらモルヒネパッチを使いたい


ステロイドはー
アノ時、先生もよっぽどステロイド注射しようかと思ったらしくて
(あの状態ならモゴモゴ...って言い方されてたので
 腸相がかなーり酷かったんだと思う。)
1日1回 2.5ミリ が処方されました


ガンに乳酸はNGと言われてますんで、
輸液で使ってる乳酸リンゲルどうよ?だったんですが
大丈夫ですよってことで。
(うちの子にはっていうことです。ぬーさんリンゲルの件は
 広範囲の視点 and ケースバイケースで考えるべきかも)


そしてそして、モルヒネパッチ~
これの相談が大本命だった(涙)

うちの先生が言うことにゃ
リンパ腫は、あっち痛いこっち痛いって感じじゃなくて
「だんだん枯れていく」感じで死んでいくと思う。って
体がだるい~ なんか気持ち悪い~って感じで
どんどん弱って最後を迎えるという感触があるらしい
モルヒネパッチが必要かどうか、ハテ? ってことで。

もちろん本当のことは分かりませんが って言ってたが

そりゃそうだ! 飼い主にだってワカランw


今日明日って話じゃないけど、
残された時間は短いのが確実なんで
安らかに逝かせてあげたいんでね

モルヒネだろーがなんだろーが
使えるものは使う! フフフ


これは調べて検討してみるってことで。





んで、ステロイドを飲ませると
お腹が落ち着きました!

表面はやわいけど、形のある便になりましたよーん
回数も1日2回くらいですー
下痢で、何回も何回もトイレで踏ん張らなくても良くなりました!
うわあああああああぁ

やっぱ魔法の薬や!ありがたやありがたや~w


おかげさまでババトラも楽になりましたが
ワタシも落ち着きました。




そして、こんなものも仕入れてきましたで!

130259

まずはお試しなんでこんな容器に入ってますがw
正体は次の記事のお楽しみぃ 



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!


ホントにステロイドが効いてます! 嬉しい!
ずっとこのまま効果が続いて欲しい~

こんなに効くんならリンパ腫じゃなくて
肉芽腫なんじゃないの?
なーんておバカな妄想しちゃったりー
腹の中にできる肉芽腫だって、
たいがいにせぇよ!ちゅうくらい性質が悪いものなのにね!

Posted on 19:43 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  リンパ腫  ステロイド 
tb: --   cm: 9

まさかのリンパ腫  

かねてより慢性腎不全で加療中のババトラ(19歳)ですが
腸に腫瘍らしきが出来ていることが分かりまして

どうやらリンパ腫のようです(驚)


積極的な治療は考えてましぇん
緩和ケアを中心に進んでいこうと思ってます



日曜に病院行って分かったんですが
その日はあまり動揺も無く

この年齢だもの。
ナニが来てもおかしくないよなぁ
リンパ腫ですか、そうですか。
あとは無理せずに余生を。。。


と思ったんですけど
時間がたつにつれて
どんどん落ち込んできてしまって(涙)

気持ちを盛り上げるのに必死です


この子の顔見てると
治療したら良くなるんじゃないか!
とか思っちゃったり

いやいや、19歳の腎不全の子に
力技で治療してもその先になにがあるの?
って思い直したり


あっちいっては、そうなのね!とか
こっち見ては、そうだよねぇ~とか
悩むことも多いんですが


日々の様子を見て
無理の無いサポートをしていこうと
思っとります

 
130225



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!


Posted on 10:53 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  リンパ腫 
tb: --   cm: 13

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.