スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

すっかり普通の子に  

好酸球増加でお悩みの
バームクーヘン(M)ちゃんですが

去年くらいから、
なぜかは分からなねど
好酸球が下がってきていて

今年の4/11の検査を最後に
ステロイドを止めることにしたのよ

ちょっと羅列しますね

14/5/13   好酸球 858 (基準値0~1500)
14/6/12   好酸球 540
14/9/27   好酸球 1037
15/4/11   好酸球 651


すごいでしょ!
ほとんど1000以下だもーん

いや、実際はまだまだ好酸球は高いんだけどさ
この子にとっては、夢のような低値更新なのよ。 キャッ

この時で6キロくらいだったかなぁ
ステロイドは4日に1回、2,5ミリだったんだけど
これは体重と比較して最低量以下の処方なのよね

なので、先生と相談して休薬を決めたのよね


実に4年ぶりの休薬だよーん


ステロイド止めてからは
普通にアレルギー症状?みたいのが出てるみたいで
もうね、下っ腹とかお尻周りは舐めハゲができるくらい
なめ壊しちゃって(涙)

まあね、しかし、放置ですよ放置!
舐めハゲくらいじゃ死にはしないんで(汗)
舐め壊すっても皮膚べろーんとかにもならんし
舐めハゲちゃっても、毛が再生するのも早いしねー


そうこうしているうちに
どんどん体重も減ってきてね~
この子、ステロイド飲むようになってから
どんどんどんどん体重が増えてきてたから
止めて体重が減ってくるのは嬉しいんだけど


そろそろ病院へ行かなきゃと思った矢先
胆汁を吐きましてね。
このごろは食も細くなってるし
ぎょ!肝臓ヤバくね?
大デブですい臓炎で死んだ、じじ猫を思い出す~


8/10病院 

まず血液検査
肝臓系の4つのうち2つが高い(汗)

ALB 2.7 (基準値2.3~3.9)
ALP 56 (基準値14~111)
ALT 188 (基準値12~130)
AST 72 (基準値0~48)

エコーで胆のうと肝臓を中心に
内臓をくまなく見てもらったけど
特に変わった気配は無かったわね
もちろん黄疸も出てにゃい


甲状腺?とも思ったけど
甲状腺機能亢進症の特徴がないし
心拍数も160だし
(病院での心拍数が160ってことは普段はもっと少ない)
ALPだって上がってないんだよね
それは無いんじゃないかってことで検査はしなかったのよ


それから2週間たつけど、とにかく今は様子見
食は普通、嘔吐も下痢もなし。
体重はじわじわ減ってる(汗)
(ステロイドで太る前の体重よりは重い)
総じて体調が悪いって感じはしないんだけど

他の子が、肝臓がこれくらいの数値でも
別に驚かないんだけどね
やっぱデブなんで...すい臓炎が...



そして今度はやっぱり甲状腺も検査しないとね
甲状腺の手術したバームクーヘン(L)だって、
あんまり病気の特徴はなかったから
この子だって安心できない~

150810
右)バームクーヘン(M)  左)かしわ餅(1)


そして、とっても良いことが!

なんと 好酸球が100!!!

100ですよ100!!!  うわあああああぁ


すっかり普通の子に(感涙)


ずーーーーーーっと好酸球が高くて
胃腸炎やら肺炎やらにも罹ったりして
ステロイドが命綱で飲まなきゃどうしようもなかったのに

すっかり普通の子に!


なんもしてないのよ。
年取って免疫力が弱くなったからだと思うんだけど
フードのフォーミューラがこっそり変わってて
もしかして好酸球が増加する要因が無くなったとかも
あるかも知れんね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



または、好酸球の増加どころじゃない何かが
体の中で起こってるとか...

まさかどっかに腫瘍が(怖



スポンサーサイト

Posted on 12:21 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  ステロイド  好酸球  甲状腺機能亢進症  すい臓炎 
tb: --   cm: 2

ハゲ散らかす猫生  

今日も元気だ!背中が痒い~

14092702

んべんべんべんべ(エンドレス)



さてさて、好酸球増加症のバームクーヘン(M)ちゃんですが
抹消血の好酸球が下がってきたのを幸いにステロイドを減薬して
それからどーなったのか?って話です~


後頭部が薄くなり、ミステリーサークル状のハゲがいくつも出現し
顔面や頭に丘疹だか蕁麻疹だかが出来ては消えてって感じでしたが
症状はさらに進化(?)してまして、腹に広範囲の舐めハゲを作るという
なんとも情けなくも痛々しいことになってしまい(涙)

尻尾の付け根から始まって
→尻の周りぐるっと→右の下っ腹→左の下っ腹
舐めるわ、掻き毟るわでハゲ散らかしちゃって
しかも舐め壊で傷ができて痛々しい

14092703

ここまでの舐めハゲって、この子の猫生で初めてです~


好酸球がどんどん減っていってるんで
ステロイド、止められるかも! ウヒヒ♪

なーんて思ってたんですけど
このカイカイ加減を見てると
止めていい物やらどうなのやら

好酸球が下がっても、
ステロイドとは縁が切れないかも知れんね orz


とにかくなんとかしないと~

真っ先に思いついたのが、「タクロリムス軟膏」
ステロイド軟膏よりも良く効いて副作用が少ないらしい。
が、これ使うとエリカラつけないとダメなんだよねー
塗ったとこ舐めちゃうからさ...


きっと、雑菌が繁殖してるんだろうね?
こんなとき、わんこならシャンプーなんだろな~
にんげんなら、イソジンで消毒かしら?
(漂白剤をちょっと入れた湯で沐浴するのもアリらしい)


どうしよう、猫だし(爆)

しかも、常在菌(良い菌)を殺さないように消毒したいんですけど(汗)


ということで、患部に智通を塗り塗りしましたよっ!


智通は、腸内において良い菌のエサになり、
繁殖する培地になり、そして悪い菌の増殖を防ぎます
その効果は皮膚の上でも同じこと。


気がついたときに智通の原液or薄めたヤツを
痒いところに塗りたくってますー

あとは、腸内も同時進行せねば!
でもその前に、口の中ってどうなんだろって疑問~
グルーミングの度に雑菌がピンポン状態だよなと思って
口の中を見てみると、奥歯はそうでもないけど
上の牙の歯茎が腫れて痛そうだよん


これは口の中もどうにかせねば~

真っ先に思いついたのが「ササヘルス」
口内炎には定評がありますよねっ

でもこれ、アルカリ度が高いから
良い菌も悪い菌もぜーんぶ死んじゃう~
口内炎、まだ軽症みたいだし
良い菌は温存したい~


ということで、口内と腸のケアにはミヤリサンを投入!




ほんとは智通増量キャンペーンしたいけど
この子は増量すると好酸球が増えるからネ
他に私が信頼する菌は、クロストリジウム族の酪酸菌
すなわちミヤリサン一択。これしかないっス


ミヤリサンを粉にして、お水少々で練り練り~
これを、舌とか口の中にこすり付けて舐めさせました
(乳酸菌等をとらせる場合、水が重要な触媒となるので水分は多めにやって下さい)

量や回数を調整しながら3週間。
カイカイはまだあるんですけど
激しく舐め壊すってのは無くなりましたよ!
牙の歯茎も腫れが引いてますよーん


この子は日常的にゆっるいカイカイはあるんで
ある意味元に戻ったというか~
いや、でも元に戻っただけでも良かったわ
このままなら、せっかく減ったステロイドを増やさざるをえなかったかも~


あとは様子見て、ミヤリサンはいらなくなったら止めるんだけど
一度やりだすと止めるタイミングも難しいわよねー


14092701
いくらハゲてるったって猫生とまで言わなくても(怒)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




9/27
好酸球  1,037 (総白血球 8,300)

前回 6/12 
好酸球  540 (総白血球 9,000)


ややや!
好酸球がまた上がっちゃったー
ミヤリサンの影響かもしれんが
この位の数値ならまだ許容範囲だし

しかし、ステロイドが3日おき→4日おきになってから
4日目にカイカイが1番盛んになるから
薬量を減らして3日おきに戻したほうがいいかもしれん

薬量よりも間隔を空けるほうが副作用は少ないらしいけど
是々非々ってこと考えると、今度相談してみよう


※善玉菌や悪玉菌(良い菌や悪い菌)という言い方をしますが
 いわゆる悪玉菌とされるウエルシュ菌などは肉の消化には必要な菌ですし
 それぞれの菌にそれぞれの重要な役割があります。
 しかもコレ、生きてる微生物だからね~
 奥が深いわぁ。腸内細菌&皮膚の常在菌たち~





Posted on 12:47 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  カイカイ  ミヤリサン 
tb: --   cm: 8

どうやらすんなりとは逝かせてもらえないらしい  

ある日、行き倒れてる女ボスの
腹が動いていないことに気がついた

14072401


びっくりして、やさしく体をさすると
「ん?ぁああ~」って目を覚まして大あくびを見せ付けられた

14072402


それからおもむろにメシくれくれ攻撃を受けて
食べ終わったら悠然とトイレへ

おしっこダッシュでドドドドって戻ってきて、また行き倒れた

14072403
後ろで行き倒れてるキジトラは気にしないでください(笑)


よかった。生きてた(笑)



足腰が立たなくなったとか
自分で食べられなくなったとかは一切無いんだけど
最近は、ほとんどの時間行き倒れてる(ように寝てる)し
数日前から咳きが出るようになったし
もちろん体重なんかアワワだし、毛並みもバサバサ超悪い


正直そろそろだなと思ってたんで
これが最後の通院?って感じで病院に連れてったのよ


血液検査と、胸部と腹部レントゲン

肺は、まあ年なりって感じっすよ
心臓はかすかーにバレンタインって言えなくもないような
骨はね、やっぱスカスカ
腎臓の片っぽがちょい見えずらい(萎縮してる?)
後、ウンチがたまってた(汗)

血液検査は、思ったより悪かった。
っていうか、
20歳オーバーのもうすぐゴニョゴニョの猫の
検査結果ってどうなんだろう?
比較対象が分からないんでなんとも言えず

14072404
14072405
見えますかね? ちなみに体重は2.5キロ


あることが予想の範疇にあったんで
疑心暗鬼だった肝臓の数値が、やっぱ悪いーーーー
(これが1番ショック)

白血球と好酸球も高かったから
どっかが炎症起こしてるわよねぇ

うちの子は、炎症起こすと必ず好酸球が上がるんですよ
女ボスしかりバームクーヘン(M)しかり
甲状腺機能更新症の2匹も(かしわ餅とバームクーヘンL)
病気発症時は高かったし、故べこ餅も高かったなぁ

炎症時に好酸球の増加が見られることって
しばしばあることなんですけど
(もちろん増加しない人(猫)もいますよ)
ここまで揃うとね。家族性の体質って言ってもいいと思うー




外注の結果、
T4が 6.6でした


ああ。やっぱ甲状腺がいっちゃってたよーん



ということで
女ボスもメルカゾール開始\(^o^)/

心臓と腎臓と肝臓と体調見て
無理が無いようにほどほどに投薬していきますよん
(年齢、体調を考慮して治療しないって選択肢も間違いとは言えない)

内服始めると亢進してる代謝が静まるんで
腎臓がどーんと悪化しちゃう可能性や
それこそ食欲も無くなってしょぼしょぼになっちゃうかもしれんけど
自分がバセドー病患ってて
無治療だったころの、アノもの凄くヤバかった
体調の悪さってのを知ってるんで
ほんとに総合的に考えて治療していきますよーん

まず日に1回1/4から。ぼちぼちと


病院最後だと思ってたのに、2週間後にまた行かなくては(汗)


乳腺腫瘍も猫IBDも、
なんか気づいたら無くなっちゃってたから
このまま何事も無く穏やかに~って思ってたんだけど
さすがうちの女ボスはやってくれるわ!


飼い主はアナタについて行きます(笑)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



検査結果の年齢が21歳になってた

先生気が早いな(爆)
まだかろうじて20歳だってば!


Posted on 15:13 [edit]

category: 猫の甲状腺機能亢進症

tag: 女ボス  IBD  好酸球  甲状腺機能亢進症  乳腺腫瘍 
tb: --   cm: 8

またもや医原性クッシングは否定されたが  

こんにちは。バームクーヘン(M)です

14061301

私は昨日、病院へ連行され、しかも何も言われずおいて行かれました
それどころか「筋肉注射するんだってー 痛いんだよ~」と
わざと私を不安にさせることを、しれっと言い放つ飼い主
病院に置き去りにされ、血を3回も採られ
これから私はどうなるのだろう?と固まってましたが
程なく飼い主が迎えに来て、やっと安心しました

こういう大事なことは事前に話してください!



あああ。良く頑張ったね! えらかったよーん








前回の記事からその後の経過
       ↓
病院に行ったその夜のこと、
バームクーヘン(M)の後頭部側の首筋に毛割れを発見ー
あららら!ずいぶん毛が薄くなってるよーん
よーく見てみると背中全体が、やはり毛が薄い(汗)

ええ!前週の「手ブラ」ではこんなに薄くなってなかったのに!

あわてて腹側も確認したけど
こんなに薄くなったことないっちゅうくらいに薄い(涙)

いやいや。生え変わりで薄くなったのは初めてじゃありませんが
腹側がこんなに薄くなったのは記憶に無い~

やっぱ、医原性クッシングなんでないの?

医原性クッシングは、やることは一つ!
ステロイドを止めることー

投薬間隔を伸ばしたこともあり
丁度良い機会なんで
ステロイドの量も、思い切って半分にしてみました
(独断で決めました。良い子はマネしないでください)


そしたら、出るわ出るわ!

でっかいあごニキビが出来たのを皮切りに
目の上やほっぺた(?)や後頭部や耳の裏に
蕁麻疹?みたいな赤いブツブツ~
(最終的にカサブタになっちゃうんだよね。して、ポロッと落ちる)

140607001
画像悪いけど、ここが真っ赤になってブツブツできてる

140607002
ちょい大き目の出来物。この子はこの場所によく出きる


出ては消え、出ては消えって感じで
一向にキレイな皮膚には戻らない

首筋にポチッとハゲができたんだけど
それも日に日に広がってきてるしー


可愛そうだったけど、ガマンしてもらった
皮膚に出るくらいは、命の危険は無い
見た目よりも痒そうにしてないのが救いであり不思議であり
嘔吐、下痢、咳が出るようなら、即減薬は中止
炎症による後遺症が残ったら、もう取り返しがつかないから


うーん。
ステロイド減らしてこれだけアレルギー様の症状が出るって
やっぱ医原性クッシングではないのかしらー なんて思いつつも
ハッキリさせたいという気持ちが強くてー


迎えて、次回検査日
またまた診察室で疑心暗鬼の雄たけびをあげる飼い主がいました

6/12   好酸球 540 (基準値0~1500)  白血球 9000

前回 5/13  好酸球 858    白血球 7800


また減ってるよ! うそだろっ
こっそりとステロイドだって減らしてたのに(驚)

んで、クッシングの検査もしてもらったんですが
結果は   ノープロブレムでした~



なにやっても、あれだけ下がらなかった好酸球がーーー
素直に喜べない俺がいる(笑)


好酸球が減るってことは?
リンパ球やらなんやらが増えるってことだよね
ま、まさかリンパ腫!

いやいや、この白血球の数値と TP 7.8 でそれを疑う?(爆)
赤血球も793(基準値550~1000)あるしね~


この子にナニが起きてるのかさっぱり分からないけど
やっぱステロイドとサヨナラできる日は近いのか?!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


アレルギーな感じ、ステロイドは減らしてるし
リンパ球が増えたんで、頑張ってIgE作っちゃってんのかな?
これを機に、徐々に正しい免疫反応ができるようになれば(切実)

しかし、猫の医原性クッシングは「まれ」みたいで
検査するってのもやっぱりまれで(他の病院はどーなのかな?)
この子は2年前にもやってるのにすっかり忘れられてた(笑)

うちの子は今回も白だったけど、いくらまれでも
猫にも医原性クッシングがあるのを知ってるんで
疑わしければ検査するよ!
先生、もう忘れないでね(爆)

Posted on 12:37 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  リンパ腫 
tb: --   cm: 5

ステロイドとサヨナラできる日  

「うおおおおおおっ」

またもや診察室で雄たけびをあげる9猫(笑)



バームクーヘン(M)の好酸球値がまた下がってました!

5/13  好酸球 858(11%)  白血球 7800

ななななんと、オドロキの1000以下ですっ


白血球がいつもより少ない(普段は9000~10000)のを差引いても
この数値はまさに奇跡的!!!


何かが起こっているのは間違いない。




ちょっとおさらい。

バームクーヘン(M)は、末梢血に好酸球の増加があります
正常範囲は0~1500ですが、この子は常時基準値越えしています
末梢血で好酸球が高くても、すなわち病気ということではありませんが
この子の場合、好酸球増加が原因と思われる胃腸炎や肺炎(または喘息・気管支炎)等の
症状が出るので、ステロイドで好酸球をおさえる治療をしています




今はステロイドを週に2回 2.5㎎飲ませてますが
この結果を受けて、4日に1回 同量に変更しました


ううう。ステロイドとサヨナラする日が近づいてるのか?(感涙)

140360
じつはまた太った。糖尿の心配もせねば



またまた病院で狂喜乱舞だった私ですが
うちに帰ってきて冷静になると(笑)
クッシングじゃね?という考えがむくむくと。

2年前の検査じゃ否定されたのよねー
どうなんだろ? また検査したほうがいいのかなぁ
その他の項目でクッシングを匂わせるものは無かったんで
とりあえず次回検査まで様子見します


他に好酸球が下がるのって無かったかな?
宿題だな。うん



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




好酸球増多症候群(好酸球性白血病)のブロ友さんちの猫さんも
このところ、奇跡としか思えないような検査結果が出て(嬉)
(危機的な状況を幾度も乗り越えてきたけど
もうギリギリ、瀬戸際っちゅうところまでいってた)

長いこと経過見てて、応援しあったり励まされたりしてたから
その奇跡っぷりに驚きの声しかでないけど
我慢して、耐えて、治療を続けてれば
いつかこういうよき日もやってくるのかなって思たよ


闘病中のみなにゃんにも、どうか良いことがありますように!



 

Posted on 10:55 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド 
tb: --   cm: 5

鈍感力がついてきた?  

全私が泣いた!

好酸球増加でお悩みのバームクーヘン(M)が
過去最低から2番目の低い数値を叩き出しました!!!


2/16  好酸球 1104(12%)  白血球 9200


うわああああああぁ

こんな低い数値、何年ぶりだぁね!
みく(本名)ちゃん、でかしたっ!



ほんとに何年ぶり?って調べてみたら

過去最低値は、09年6月の 1068
近似値が 11年9月の 1152
(1200以下ってのもこの3回しかない)


ただね、今回のとは条件が全然違うのよーん

09年の時は、4月から毎日10ミリのステロイド、その後徐々に減薬、
最終的に1日おきに5ミリの投薬になって2週間後の結果の数値

11年の時は、やっぱり1日5ミリから始まって
2.5ミリを1日おきに飲んでた頃の数値だし


週に2回、2.5ミリの投薬でずーーーーっときて
こんなに低い数値がでたなんて(感涙)



狂喜乱舞してる私に、先生がぼそっと一言。

「敏感じゃなくなってきたのかな~」


ややややっと、やっと免疫力が落ちてきた? 

いや普通は喜ぶことじゃないと思うんだけど
この子に限ってはうれしい限りというこの矛盾



もっと敏感じゃなくなってもいいのよ。


140360


この子も5月で16歳。
やっぱ年取って免疫が鈍感になってきたのかな

この調子で落ちてってくれれば嬉しいよーん


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



しかし、体重はまた増えた orz

ステロイドって、
間隔あけて飲む子のほうが太りやすいらしいよ

先生がフードについてアドバイスしてくれてたけど
喜びすぎてトランス状態(爆)だったんで話全然覚えてない


Posted on 17:48 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド 
tb: --   cm: 5

さて、好酸球はどうなった?  

こんにちわ。
バームクーヘン(M)です

130399

秋といえば? そうです食欲の秋!
私はとても偏食でいつも飼い主が困っているのですが
食べたくないものはしょうがないです
匂いをかいで顔を背けたら
いつまでもしつこく食べさそうとしないで
すみやかにいつものねこ缶を出してください
あ。私はチーズも鰹節も海苔も食べませんので
いくら好きなシリーズでも
これらが入ってるのは食べませんよ
期待しても無理です。





ほんとにあんたは食の幅が狭いね トホホ



さてさて、好酸球増加でお悩みのバームクーヘン(M)ちゃん
ここ3ヶ月ほど、思い切って減薬をしてみました

・・・と言っても
三日に1回 を 週に2回 にしてみたんですよね
だいたい月に2回程度、投薬が減る計算です
薬量の変更は無し(一回2.5ミリグラム)

とっても微妙な減薬ですけど
まあでも、大きな一歩ですよん(笑


そして気になる好酸球は?

前回  好酸球 1632 (正常値0~1500)

今回  好酸球 1602 (正常値0~1500)



おおお!
減薬wしたにもかかわらず
好酸球があまり変わってない!!! ヤホーイ

ビタミンCを始めたからかしら?
なーんて思ったんですけど
結局たいした量は与えてないんで
Vcのおかげというよりも
週に2回の投薬が、今の状態を維持できる
最低限の間隔なんだと思ってる

現状でのこれ以上の減薬はむずかしいだろな


この子のことは、どうも考えがまとまらなくて。
緊急にどうこうっていう状態じゃないから
このままで(もちろん少量のステロイドで)って思ったり
いや、やっぱまずいよね?なんとかせにゃ~と思ったり
行ったり来たりですわ。


好酸球が常に異常値でステロイドを飲まざるを得ない

まあ、異常な状態なんですけどね。
慣れちゃってる飼い主が情けないのか。。。

重症化しちゃったら抗がん剤使うしかないんだけど
よく効く薬もリサーチ済みなんで
それについてはちょっと余裕?
(ガンや白血病に移行するかも分からんが
 そうなるかどうかの分岐点もそもそも不明
 お願いだから現状維持でよろしこ)


そういうことで(どういうこと?)、
なんかよさそうな薬とサプリ見つけたんで
情報投下しますよーん


トシル酸スプラタスト 薬名 IPD(アイピーディー)

・Th2細胞によるIL-4、IL-5を抑制することでIgE抗体産生抑制と好酸球の活性化が抑制される。

IPD 好酸球 でググると、グッと来る情報が沢山出てきます! イイヨイイヨ




コロストラム (ニュージーランド産がいいらしい)

牛の初乳ですね。 いわゆるラクトフェリンも含まれてます
リーキガットにいいようです。DNAの修復もするとか

※こーゆー系統のサプリには免疫ミルクってのもありますけど
コロストラムとの違いは、グロブリンの種類みたいですね
免疫ミルクにはIgGしか入ってないみたいなんですが
コロストラムにはIgGをはじめM,A、E等がまんべんなく(以下略



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


ううむ
IPDはかなーり気になってます。
ちょっと使ってみたい気がス

あと、とっても消極的な希望なんだけど
年取ると免疫力が弱くなるっていうでそ?
このままどんどん弱まっていって
気が付いたら良くなってた!ってことになればいいなぁ
しかし、免疫が弱まると他の病気が心配に(汗)

Posted on 20:33 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  コロストラム  免疫ミルク 
tb: --   cm: 6

ステロイドを減らすには?  

ある日うちのヤツが、

2階にカピパラがいたよ。って


130025

バームクーヘン(M)だった  orz


現在体重は5.55キロです

♪まっはごーごー まっはごーごー まっはごーごーご~

ハッ! つい歌ってしまいました
知ってる方はご一緒にどうぞ!(爆)


どんどん太っちゃってもう笑い事じゃないんだけど
カピパラってのが妙にハマっちゃって
「カピパラちゃーん」「すんごい可愛いカピパラちゃーん
とか言って、この子のこと可愛がってます(汗)



このブログは「好酸球」でいらっしゃる方が多いんですが
愛猫さん、愛犬さんたちはいったいどのような症状なのでしょうか
うちの子みたいな状態なのかしら?非常に気になります
よろしければコメ下さい。怖くないですよんw


バームクーヘン(M)は

常に好酸球が高値異常値 (正常範囲0~1500)
総白血球値はいつも正常範囲
白血球は成熟している(未成熟な白血球は見当たらない)
既往症 胃腸炎1回 肺炎だか気管支炎だかたぶん喘息だと思うが2回
(いずれも好酸球の上昇時に発生。胃腸炎時には腸の肥厚も確認)
普段の症状 グルーミング多し たまーに丘疹とか蕁麻疹とかハゲとか
しかし「好酸球性肉芽腫」にはなったことはありません
もちろん原因不明


総白血球は変化せず好酸球だけが上昇するってのと
白血球は成熟してるってとこがポイントだと思う


とにかく好酸球が上昇するのって怖いんですけど
好酸球が関わる重篤な病気ではナイような気がします

好酸球増多症候群 や 好酸球性慢性骨髄性白血病 という
好酸球が関わる重篤な血液の病気があります(予後不良または死亡)


うちのバームクーヘンは、
条件的には好酸球増多症候群に該当するんですけど
ワタシ的に、上記2つの重篤な病気ってのは
総白血球も好酸球もバーンととんでもなく上がって
未成熟な白血球がうようよ出てるって状態だと思ってます

だからバームクーヘンはたぶん違うと。思う


好酸球増多症候群と確定診断された猫さんと
たぶん好酸球性慢性骨髄性白血病で亡くなった猫さん
( 経過や骨髄検査の結果でそう思いますが飼い主さんはそう明記していません)
を知っていますが、やはり未成熟な白血球が確認されています



さて、そんなバームクーヘン(M)ですが
現在は3日に1回、2.5ミリのステロイドを服用
(ステロイドが第一選択 というかコレ一択)
好酸球は平均して1500前後ってとこです



ステロイドを常用するようになって2年ほど経ちます

好酸球の数値には波がありますが(1200~2800くらい?)
高値になっても、以前のように吐いたり咳したりは無くなりました

この間隔、この量でずーーーっと安定した状態が保てるのが
ステロイドを常用していて良かったなというところです

前は、良くなったら休薬。悪くなったらまたステロイドを繰り返して
その度に高容量のステロイドから始めるもんですからー
今の状態のほうが体には優しいのかなって思うんですが。。。

一時期は、もうこのまま死ぬまでこのペースで
ステロイド飲ませるしかないかなって思ってたんですが
ただー この太り具合は(滝汗)
まだ血液検査上異常はありませんが
そのうち肝臓がヤバくなる可能性が大ですし
糖尿やすい炎の心配もそろそろ出てくるでしょう

なんとかして好酸球が下がって欲しい
そしてステロイドを減らすまたは止めたいって
試行錯誤してるんですが、結果はお寒いばかりで
しかもお寒いどころか逆効果になる方が多くて困惑です


この子に非常に似たケースの猫さんがいらっしゃいました
おま俺?というくらいもう経過がそっくりでビックリ!
その猫さんは、すい炎になっちゃってステロイドが使えなくなり
ビタミンEを処方され、そうこうしているうちに
好酸球も正常に戻り、もちろんステロイドの必要もなく
何年も健康に過ごしているようです
(ブログやHPが何年も前に止まっているので、その後どうなっているのか。。。)



ああ。うらやましぃ
うちもビタミンを。。。 なーんて思うんですがね
今までにあまりにもハズレが多くて
炎症を進ませる結果にしかならないことばかりだったもんで
新しいものに手を出す気力が無いw


でもやっぱそれじゃイカンと思うんで(汗)

今は、リーキガット(腸もれ)に注目してます


リーキガット(腸もれ)と言うよりも
口、鼻、皮膚などの全てのディフェンス機能が弱いのか。
ブロックできず、常に異物が体内に流れ込んでる
状態なのかも知れません

リーキガット、何年か前にも注目したんですけどね
その時はどうしていいのか分からなくて尻切れトンボ。
教えてもらった海外のサプリ取り寄せてみたんだけど(人間用)
効果が分からなくて、しかもナトリウムとリンが高いような気がして
継続はしませんでしたね




まずは腸の粘膜をイキイキwさせるのに
「短鎖脂肪酸」というキーワードが出てきたので
オリゴ糖(ラフィノース)をはじめました
まーたハゲや出来物がっ。。。ということもなくこれは安心。
体調にも変化ナシでもう2ヵ月近くたちました



そしてー 粘膜や皮膚と言えばコラーゲンですよねっ!
コラーゲン生成にはビタミンCが重要
ビタミンやミネラルはオールインワンの方がいいと思うんで
物色してたらブロ友さんにこのサプリを教えてもらいましたー
あらら?猫用なのでビタミンcが入ってない?
んじゃVcは別に調達~



ためしにコラーゲンサプリも調達したのでこれもいつか使うかも~
ペット用コラーゲンサプリもいくつかあったんですけど
豚が良いって聞いたのと、品質が良さそうなんで
コチラをチョイス




うちはいつもニンゲンが先にお試しするんで
ワタシ自身もコラーゲン効果にひそかに期待してるんです
お肌とか(笑)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


うちでイチ押しの智通なんですが
実はこの子には逆効果でして
増量キャンペーンをやると必ず好酸球が上がる(汗)
なんでやろ?って調べてみたら
(智通はNK-T細胞を活性化させるそうです)
NK-T細胞が活性化すると、T細胞がなんたらかんたらで
好酸球が総動員される。。。
という記述を見つけたんでコレのせい?なんて思ったりー
もちろん実際はどうなのか分かりまへん

しかし、使う頻度や濃度を何パターンも試して
使わないよりも適量で毎日与えたほうが良いという結果が出たので
懲りずに使ってますw

でもー
IBDの女ボスの腸層には驚きの効果があったのは事実。


免疫力を上げるってのはよくあるんだけど
下手に手を出すとアレだなって分かってるんで
怖くて使えないんだけど
本人に合ってる物に当たるとデカイのよね!

そんなものと早くめぐり合いたい~
バームクーヘン(M)が生きてる間に(汗)

Posted on 13:23 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: バームクーヘン(M)  好酸球  ステロイド  乳酸菌生成エキス(智通)  IBD  女ボス 
tb: --   cm: 7

いよいよ! アレルゲン免疫療法  

バームクーヘン(M)

0028


もしかして医原性クッシングかも?っちゅう嫌~な太り方してきたんで
思い切ってクッシング症候群の検査を受けました

ステロイドを飲んでいると、稀にコレになったりするんです
(ステロイドを止めると症状は改善します)

クッシングになると、好酸球は低下します
しかし、この子は相変わらず高いまんまだし
医原性クッシングはあり得んやろ?って思うし
でもなぁ、この太り方ってなんか気持ち悪いよなぁって

ずーーーーーっとモヤモヤしてました


それで今回、医原性になっちゃったブロ友さんに聞いてみたら
その子も好酸球は高いままだったと聞いて。。。

このモヤモヤをハッキリさせるために
検査しちゃいましたー


結果は シロ でした! 良かった良かった!


猫はステロイドには強い(鈍い)んで
めったに医原性クッシングにはならないと言われてますが
ワタシの知る限りでも2匹のネコさんがなっちゃってますよーん
ステロイド常用してる皆様、医原性クッシングのことも
頭の片隅に置いといて下され。




しかーし、一難さってまた一難

またまた好酸球がエライことになってて

白血球 11200  好酸球 2576(23%)  正常範囲0~1500


ステロイド半錠(2.5ミリ)を3日に1回でこの数値です

ちゃんと飲ませてるのにこんなに上がるなんて(涙)


少しくらい上がってるとは思ってましたよ。グルーミングが増えてたし
しかし薬もちゃんと飲んでるから、いっても1800くらいかなって
まさか2000オーバーとは(絶句)



ああぁ。 でもいい機会だわさ

やっと資金繰りも目処がついたし(笑)
いよいよアレルゲン免疫療法(減感作療法)チャレンジしますよ



まずは病院探し。

札幌でアレルギーに強い病院は3件。
幸いにも3件とも減感作療法は取り入れてます

でもー 家からは全部遠いんだよな(涙)

とりあえずココにしようと思って電話をかけた病院では
なんと、自宅注射ができるらしい!

頻繁に注射しに通うのは無理だからこれはありがたい! 
願ってもないことですよっ
よしっ ココ行ってみよーってことで
8/25に予約完了


不安要素も沢山あるし
確認しなけりゃならんことも山ほど
ま でも、行かなきゃ何も始まらんからね!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!



うちの先生が不吉なことを言うw
「この子は(この療法)無理なんじゃないの?」

体質! 生まれつき! って言うのよね

どっちにしても、アレルギー検査は1度しなきゃならん
結果がどうなるか、不安と期待でイパーイですw





Posted on 13:47 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: 好酸球  バームクーヘン(M)  アレルゲン免疫療法 
tb: --   cm: 7

今日はちょっと専門的(アレルゲン免疫療法)  

先日来調子が悪かったのであれこれやってたのですが
ついに...ついにPCがお亡くなりになりました(涙)
ウンともスンとも言わなくなったので
ハードディスクの再インストール実行
あああああああぁ
退避できなかったデータもあったのよーん(大泣)
これからまたぼちぼちとカスタマイズしてかないとね~
でもー 真っ新になったパソコンも気持ちいいかも!(爆)



と言うことで(ナニが?)
こんなニュースが飛び込んできましたよっ!

アトピー慢性化の仕組み解明=たんぱく質沈着が原因―佐賀大など

アトピーも分子標的薬(たぶんそうなる?)で
治療する時代が来るのねーなんて思いましたー


アトピー治療、アレルゲン免疫療法(減感作療法)
唯一の完治療法なんて言われてます
超簡単に言ってしまえば、アレルゲンを同定して、
それをちょっとづつ体に入れて慣らしちゃえ~って感じ?
これを、特異的減感作っていいます

アレルゲンがどーしても特定できない場合は
この治療は受けられない?
フフフ。ちゃんとあるんですよー
アレルゲン物質の代わりにある薬品を使うんですよ
これは特異的減感作っていいますー
※ごく一部の大学病院で施行されてます

BCGワクチンもアトピーに有効らしいのが
分かってるんですけど
この治療も、いうなれば非特異的減感作です



さてさてこの減感作、
読んで字の如し!
感作を減するんです(笑)

なんでもないものを敵(アレルゲン)と見なし
異常な抗体を作ってしまう免疫に対し
ほんとにちょびっとづつアレルゲンを体に入れてって
正常な抗体を作らせるようにする治療がコレ!

ポイントは、
抗原(アレルゲン)の種類
濃度
回数

抗原は多い方が良いと思います
交差反応や遺伝子が似た物質など、
反応は低いが、今後アレルゲンとなりうるものなど
なるべく多くの抗原を用いるべきだと思います

※人間の治療で効果が出ない場合、
 抗原の少なさが問題になっている件があります
 まあそれ書くと長くなっちゃうので割愛。

濃度! すんごい重要ですっ
抗体が作られないような薄い濃度じゃダメダメ!
濃すぎて異常な抗体が作られてもダメダメ!
ましてやサイトカインショック(アナフィラキシー)
起こすかもしれんし、慎重に~

同時に回数もすんごく重要ー
週に何回?
慎重にやらんと治りまへん
急がば回れどす。

※急速減感作なんて治療法もあるんですよ
 1日に何度も打っちゃうヤツ
 症状が軽いまたは発症後短期間だと
 非常に効果的だと思うけど
 病歴が長い個体はどうなのかしら?
 ワタシは懐疑的。



うちの子にアレルゲン免疫療法受けさせるために
日々お勉強しとるのよーん

ああっ!
(併用して)コレもやりたい!!!

って思うのもあるんだけど
いかんせん犬猫にはハードルが高いわねぇ(ため息)


なーんて考えてたら、
これなら出きるかもっちゅうのが
今頭に浮かびました(爆)



今しばらくは
PCカスタマイズと
免疫の大海原に
どっぷりと浸かりますんで(爆)
更新はぼちぼちと

写真もないけどご勘弁を!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!



特異的と非特異的免疫療法は
猫IBDの治療法のヒントにもなる?
と思ってますよ!
もっと勉強せねば~

Posted on 00:00 [edit]

category: 猫の好酸球増加症

tag: アレルゲン免疫療法  バームクーヘン(M)  好酸球 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。