死にそうにない6  

ご無沙汰です!

いやいや、今年の年度末と年度開始には酷い目に合ったよーん
ぼやぼやしてたら、もう6月も終わるんですねー
そういうことで(どういうこと?)ぼちぼち再始動です~



えと、
その後の女ボスなんすが
どこまで書いたっけな?
備忘録も兼ねてるブログなんで
(というか、もろに備忘録です)
ちゃんと残しとかないと...



この記事の続きです

ステロイドを日に2.5ミリに増量し
輸液を1日おきに150cc入れるようになって
高め安定の現状維持だったんですが
4/25の通院で、ついにアワワに(汗)

4/25
白血球  19500(基準6000~15000)
赤血球  1511(550~1000)
Hb     18.1(8~14)
Ht     62.6(25~45)
BUN    83(12~33)
Cle     2.7(0.7~2.0)


やっぱ、腎臓のリンパ腫をなんとかしないと
もう無理ぽ。

クロラムブシルを使う!絶対に使うからねっ! って
先生に高らかに宣言する飼い主がそこに居たのよ(笑)

もちろん先生は抵抗したけどね(爆)
どうなるか分からんもん


「この子がもうすぐ死にそうなら、この治療でかまわないけど
 まだまだ死なないから、腎臓のリンパ腫なんとかしないと!
 クロラムブシル使わせてくれいっ」

「…そうですね。ほんとに死にそうな顔してないですね~」


ちゅうことで、飼い主責任ですよ
確定診断もしてないし、この年だし。
リスクも十分納得しての投薬開始です


抗がん剤は体表面積で投薬量が決まるみたいで
女ボスはそれでいくと、だいたい1/5錠なんだけど
5等分って難しいんで1/6にしましょうってことに~
1/6錠を1日おきに飲ませることになりましたよーん


さてさて、ドキドキの一週間後は!

5/1通院
白血球  9700(基準6000~15000)
赤血球  1411(550~1000)
Hb     16.4(8~14)
Ht     57.6(25~45)
BUN    75(12~33)
Cle     2.5(0.7~2.0)

うおお! 軒並み下がってる~ 
効果アリだよーん

この結果には先生も胸をなでおろしたみたいで
このまま続けましょうってなりましたー


5/12通院
白血球  10400(基準6000~15000)
赤血球  1373(550~1000)
Hb     16.3(8~14)
Ht     57.7(25~45)
BUN    61(12~33)
Cle     2.6(0.7~2.0)


維持できてますね オッケーですよーん


HbもHtもまだまだ高いっちゃ高いんですが
女ボスの体調も決して悪くないんで
こんな感じでいってみようと思ってますよーん


そして驚いたことに、この後女ボスは転院します


ここの病院ねぇ、輸液がめっちゃ高いんですよ~
ここに通ってたらうちは破産じゃ!と思って
うちは行ってる病院3件あるんですけど
故ババトラが行ってた病院に転院しました

もちろん女ボスも罹ったことある病院ですよ
ちゅうか1番付き合いが長い病院なんですよね~


これこれしかじかで、お世話になりますんでよろしこ!
女ボス、もうすぐ22歳なんですよ~
うーん。うちで3番目(のご長寿)ですね~
なんて感じでー

ババトラの時から輸液は安いの知ってたけど
やっぱり安すぎてびっくり(笑) しかも薬も安いし(嬉)
(自宅輸液と、薬はシート出しでの値段です)
そして、クロラムブシルは私が個人輸入したのを
使うことにしたので、輸液も薬代も大幅ダウンです~


ああ良かった。♪お金は大事だよ~


あ。その時の検査結果
(検査機器が違うから基準値も違う)
5/27
白血球  13000(基準5500~19500)
赤血球  1494(550~1000)
Hb     17.6(10~15)
Ht     53(24~45)
BUN    57(16~36)
Cle     3.1(0.8~2.4)


血液検査はこんな感じでしたが
エコーでは腎臓のリンパ腫(疑)は
さらに大きくなってましたねー
腸の腫れも少し進んだ感があったけど

まあでも現状維持できてると思う~



で、現在の女ボス
150627


体重は2.4~2.5キロをいったりきたり
おかげさまで元気ですよん



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


5/9にうちの4姉妹が17歳を迎えましたよーん!
ブログ休んでる間にも色々ネタはあったんで
小出しにしていきます(笑)

ちゅうか、ちゃんと更新していけるかなぁ(不安)

スポンサーサイト

Posted on 15:40 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  リンパ腫  IBD  自宅輸液  ステロイド 
tb: --   cm: 8

21歳で供血猫になれるレベル(汗)  

3/12は女ボスの通院日~

この日の検査結果で
女ボスの今後が大きく動き出しましたよん



腎臓のリンパ腫(疑い)が、大きくなってました
リンパ腫と腎臓が同じくらいの大きさになってるらしい
血液検査もついにHtが63パーセントに!!

瀉血して、輸液(または静脈点滴)で
血を薄めないといかんのですけど
瀉血はさすがに負担だろうってことで
まずは輸液を毎日で様子を見ることに~

体重で計算すると、日に150ccくらいらしいよん
一週間後にまた血液検査で良かですか?と聞くと
いや、もう若くないしオーバードーズなんかが心配なんで
3~4日後につれてきて下さい。と~

さいですか!
んじゃ、3~4日後によろしく!

ちゅうことで、自宅輸液に突入となったのですが


今の女ボスは、腫瘍(疑)の影響で若い赤血球が
どんどんどんどん作られてる状態で、輸血できるくらいの血液、
すなわち供血猫になれるくらいだそうです~

21歳で供血猫って(笑)


いやいや、それだけ血が濃いってことなんですよねー

こんなドロドロ血じゃ、他の臓器にも影響が出るよ! って
肝酵素がどえりゃぁ高くなったのはそのせいかしら?
確かに女ボスは甲状腺も病んでるけど、体重も変化がないし、
先生はきっとドロドロ血の影響だって言う~

ま、今日は久しぶりにT4も検査するんで
肝酵素の上昇はどっちのせいかは後で分かるよーん

結果、T4は3.6でした(基準値内) 甲状腺は上手くコントロール出来てます



そして自宅輸液のために
輸液セットを出してもらったのですが
酢酸リンゲルと乳酸リンゲル、両方もらってきて
比べることにー

先生押しは、当たり前だけど酢酸リンゲルなんですよねー
代謝が早いし肝臓と腫瘍にやさしいしねっ
ちゅうか、今は値段が同じになったんで
輸液はほとんどが酢酸リンゲル使ってるよね?

うちは、故ババトラが酢酸リンゲルが体に合わなかったんで
どっちが良いか試さないと使うのが怖くてさー

そしたら、女ボスもやっぱり酢酸リンゲルはダメだったわ

輸液中と輸液後の暴れ方が違うっていうか
酢酸リンゲルのときは、あきらかに挙動不審。
女ボスは飽きっぽいから、なだめるのが大変なんだけど
逃げたくて必死だし、鳴き声も全然違うのよ~

なので、輸液は乳酸リンゲルになりました~



さて、4日後の16日に通院~

気になるHtは、59パーセント!
ぅおお! 下がっとるよーんっ
肝酵素も基準値内に下がったー
やっぱドロドロ血の(略)

ひとまず安心。そして今後の治療は?


抗がん剤やってみたい気もあったんですけど
確定診断しなきゃならないし、腎臓も悪くなってるんで
お勧めできないってことでしたね

こんなに元気な女ボス見てるんで
ついつい積極的な治療をしたくなるんですけど
やっぱ無理か。

あ。ステロイドはちょっと増やすことになりました
日に1/3 → 日に1/2 に変更
そして輸液は1日置き、150cc~200cc

これで様子を見て、また一週間後に通院です

15020603



さて、どうなるか!
次回通院は24日です~


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



良いこともあったんですよ!
この年なのに心臓から雑音が聞こえないらしいです
心臓、超元気(笑)
あと、腸の腫れも治まってました(驚)
腸壁はすべて4ミリ未満でしたよん


リンパ腫(疑)を小さくする治療は出来ないんで
後は出来ることをゆるゆると~

Posted on 18:26 [edit]

category: 猫の腎臓リンパ腫

tag: 女ボス  IBD  ステロイド  甲状腺機能亢進症  自宅輸液  リンパ腫 
tb: --   cm: 8

そろそろ輸液をしようかと思う  

ここのところ、女ボスはよく吐くんです(汗)

なにも吐かなくても、オエーッってなることもよくあって
確かに腎臓は弱くなってきてるんだけど
BUNが高くて気持ち悪いって感じじゃなくて
便秘の踏ん張りゲボかなぁって思う~

前にレントゲン撮ったときにすごい便がたまってたし
この前、吐いた後にすぐウンチしたんだけど
ほんとにちょっとしか出なくてー
便がたまるのに出すのが追いついてない?
それで気持ち悪い状態だと想像してる

女ボスは水もよく飲むし、
ウエットは朝晩食べさせてるし
突発の便秘なら智通増量キャンペーンで出すけど
それじゃもう追いつかない感じがひしひしと~
高齢の子の便秘って、1番の原因は脱水だと思うのよね



14091901

毛並みがこれだもんね。目も落ち窪んでるし



女ボスは過去に輸液してたことがあります
膀胱炎で病院行ってー
おしっこが薄くて、血液検査は高値ギリギリだった
脱水は見られないし、腎臓の形もほぼキレイ、血流も十分だったけど
慢性腎不全初期ちゅうことで、年も年だし、週一で輸液に通った

それからIBDが発覚して、
寛解していくのに従って腎臓の数値も良くなってさー
まったく輸液しなくても良くなっちゃったのよん

腎臓の数値が悪くなったの、IBDの副産物だった気がするよ
もしかして輸液の必要は無かったかもしれんけど
あの時一生懸命輸液したから
その後の腎臓の好調があるんだろか? とも思ったり~

女ボス、15歳の出来事。
あれから6年、あんなこともこんなことも経て
今21歳の女ボスがここに居るって感慨深いわぁ
まさに、猫に歴史あり(笑)




先生と相談して、輸液始めようかと思う~

近々病院行くから準備しといてや!

14091902
私になんの準備が必要なのかしら


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



前回の診察でも女ボスに輸液の話は全く出なくて、
BUNがもうちょっと高くなって気持ち悪くなってきたら
輸液しましょう!ってことだったのよ

前回の検査結果は↓
14080704


今って、そんなに輸液しなくなったのかなぁ
標準治療って変わってきてるん?
それとも先生個人の考え方なのかな



Posted on 09:55 [edit]

category: 猫の病気

tag: 女ボス  慢性腎不全  自宅輸液  IBD   
tb: --   cm: 6

てっきりお迎えが来たかと ★追記あり   

その後のババトラちゃんですが

どんどんどんどんやせ細りまして
現在は2.4キロまで体重が落ちました(涙)
(最近の写真が無くてスマン。骨と皮です)


すっかり食も落ちちゃって
あれやこれや差し出すんですが
ふんふんと匂いを嗅ぐばかりで食べず
食べても一口とかそんなもんで

ブロ友さんに教えてもらった「生卵の黄身」!
おお! その手があったか!!!
・・・しかし、まったく食べなかった orz


でもー、体調はそれほど悪くないらしく(謎)
嘔吐も無ければうんちもいいのが出ますし
いまだに階段をえっちらおっちら上って
2階のトイレにも行きますし
出窓にも上がります(驚)
さすがに足元はふらついてますけど
まだまだ行動は矍鑠(カクシャク)としてますよーん


なんだか、ただの老衰の猫さんって感じがします。
確かに慢性腎不全とリンパ腫はあるんですけどねー
だけど病状が強く現れないのはいいことですよーん!


ただ、ほんとに食べなくなっちゃって
出窓の寒いとこで一人ずーーーっと寝てたりとか
これは。。。もう。。。そろそろかも
なんて覚悟してたんですよ
(もともと3月いっぱいかもと思ってたんで今でさえ奇跡かと思ってる)

最近良く食べてた、いなば ささみ(カルシウム入り)
昨日はもうまったく食べなくなっちゃったし
とにかく、なにか食べるものって探して
流動食っぽいトロトロしたのも全然食べないし
大好物の焼き魚(ほっけ)も食べないし
どうしようかと思ってたらー


今朝、ドライフード食べました(嬉)


ドライも食べなくなってたので諦めてたんですが
どうやら粒の大きさの問題で食べられなくなってたみたいで
小さく割ってあげたらもりもり食べましたよ!

腎不全も進んでるんで
正直ドライよりウエットを食べて欲しいんですが
本猫はドライが食べたかったようです



うん。まだまだできる!

どうやらお迎えはもうちょっと先か?



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




みんな驚くかもしれないけど
いまだに輸液は週に1回なんです
さすがにもう増やしどころだと思うんで
明日病院に行ってアレコレと相談してきますー





★追記

急変しました
現在は寝たきり(たぶん昏睡状態)です
やっぱりお迎えがきたのか(涙)

Posted on 21:31 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  慢性腎不全  リンパ腫  自宅輸液  ステロイド 
tb: --   cm: 7

出来ないことは出来ない  

自分で輸液するぞお!
って意気込んでましたが


無理です。
ワタシには出来ましぇん orz

針刺すの怖いわー
ほんと怖いわーーー
もう生理的に無理ーーーー

ちゅうことで
ワタシ自ら輸液をすることは挫折しました



でもご安心を!(なにが?)

代わりにうちのヤツがやってます(爆)

もうね、針刺すのも上手いし
点滴の扱いや段取りもとってもスムーズ
隠れた才能(?)がこんなところに



そういうことで
うちのヤツがいない時は病院に連れて行きますー
歩いて2丁の距離。車は使いません
ええ。極寒の北の大地ですよ
この前なんか雪も降ってて(汗)

いくらなんでもこんな日は
自分でやろっかな~なんて思うんですけど
やっぱりダメでー
もうホント針刺すのは怖くて怖くて怖(以下エンドレス
どうぞへたれと呼んでください~


それで
問題は防寒対策なんですが、まあイロイロと

フツーの毛布だと、何枚重ねても寒くて無理なんで
アルミシートの入った暖かマットで包んだこともありましたが


試行錯誤で閃いたのがコレだ
      ↓

130234

薄めのダウンパーカーを毛布代わりに
キャリーケースにつっこんで使ってみましたよん
キャリーの中は、顔部分のみ出せるようにして
あとは全方向ダウンで覆ってます!


130235


おお!
これは暖かい!!!
よーーーしっ これで病院行くで~(嬉)


このキャリー
大きいし重いし横開きなんで今は使ってないんですが
ダウン入れても中に余裕があって
ああ。捨てないで良かった。




そうそう
肝心のババトラなんですけど

よろしくないですね
徐々に。。。って感じで
体重も順調に減り続けてます(涙)

便秘かと思った時期もありましたが
最近は毎日出てますけど軟いです
この前なんか、粘血便出ちゃいました

フードのせい?
それとも消化機能の衰え?

どうやら両方のような気がします


食欲はありますよ!
もくもくとカリカリ食べてます!
(食べる量は減ってますけどネ)
ですが、ウエットの好き嫌いが顕著になりましたー
最近はねこ缶バイキング状態です(汗)


2階にあるトイレまで、階段上がって自分で行けます!
まだまだ足腰は丈夫(?)のようですが
筋肉の衰えた足は...すごく細くなりました(泣)
時間の問題のような気がします


耳の下のあたり、顔の輪郭に沿ったところに
なにやら出来物ができてました(驚)
触診では、悪いものではなさそうと言われました
良かろうが悪かろうが、いいんです
それについてアレコレすることはしません。


今年の正月にうちのヤツが
「あと1~2ヶ月くらい」と言いましたが
当たらずとも遠からずなのかも知れません



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!


とにかく毎日を淡々と。。。
筋肉の維持とか便の改善なんかは
策は考えてますけど
逆効果になるのが1番怖いかな?
年齢も年齢なんでね。

こんなこと言うとアレかもしれんが
いい状態の時 いい状態のままで、
眠るように逝って欲しいと思う。

Posted on 15:01 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  慢性腎不全  自宅輸液 
tb: --   cm: 11

コレが目印だw  

自宅輸液チャレンジ中のババトラ、

他の子の通院もあったんで、
今回はババトラもついでに連れてって
病院で輸液を~


んで、いつも針刺す場所でウロウロしちゃうんで
目印をつけてもらいましたー

           

120179

このハゲが目印です!



皮があまってる場所ならどこでも良いと言われましたが
やっぱ、やるならコノ辺の場所ですよね~


血栓を溶かす注射するときの場所の目印として
故べこ餅に先生がハゲを作ってくれたことを思い出し
ババトラにも応用してみました。



女の子(老女w)なのに、スマンね
今度からは針刺す時はウロウロしなくなるから!(ホントか?)




そして、そのハゲた場所を改めて見ると

120187

ああ、針の傷が。。。



病院で使ってる針は 20G

やっぱ針が太いと傷も残るわよねぇ。。。






120180

来週からはまた自宅で輸液ですー

一回休んじゃうとまた大変かしらね? いやだわーん。


 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!

Posted on 12:06 [edit]

category: 猫の病気

tag: ババトラ  慢性腎不全  自宅輸液 
tb: --   cm: 11

針の太さ  

自宅輸液 2回目

先回、輸液の針のサイズで
ブロ友さんからアドバイスを貰ったので~
今回は細い針を出してもらいましたー


前回は、針サイズ 20G

今回は 21G と 22G 2つ出してもらったよーん

どっちがいいか試してちょー ってことで!

(数字が大きいほうが、針が細くなります)



いちおう参考写真

針


左から) 22G、21G、布団針(笑)、編み物のとじ針(謎)

比較対象の2つの針は、比較になってないような(爆)



まず 21Gを使ってみましたが
何回やっても針が刺さらない~

あきらめて 22Gでチャレンジ

おおっ! 一発で入ったよーん(嬉)


しかし、針が細いもんで
輸液が恐ろしいほど減らない(汗)

キャリーに入ってもらってやってるんだけど
動きたくてしょーがないババトラをなだめるのに四苦八苦

輸液パック見ながらババトラを盛んになでなでw
本当に輸液が減らない(大汗)

時計見る余裕も無かったんだけど
たいした時間掛かったような気がス

ああ、もう終わりだー って油断したら
ババトラがキャリーから飛び出しちゃって
針が抜けて、自然に強制終了w
でも、輸液は前回より上手く出来ましたよっ!

やれやれ。


次はビタミン注射。

アドバイス貰ってたやり方で、輸液終了間際に
パックに注射して輸液に混ぜちゃうって方式
(ビタミンは痛いらしいから、最後のほうに入れるのがコツ)

やろうと思ったけど
ババトラの動きを止めるのに精一杯で出来なかったー(涙)

仕方ないから直接注射したけど、
前はそうでもなかったのに
今回はババトラが凄い怒っちゃってー
なんだろ?
前より注射がヘタだったのかな?
それともビタミンがそんなに沁みて痛かったのーん?


ううう。



イロイロ大変でしたが、前回よりも上手くいったような気がします。


でも、怖いわー
やっぱ針刺すのって凄い怖いわー(涙)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!




もひとつ参考に

うちの輸液セット

輸液


なんとかリンゲルは、乳酸リンゲルでしたw

Posted on 12:45 [edit]

category: 猫の病気

tag: 慢性腎不全  ババトラ    自宅輸液 
tb: --   cm: 13

泣きがはいる  

ババトラに自分で輸液やってみた。




なんか段取り悪くて、その辺に輸液撒き散らしちゃったよ(涙)

針入れる場所がなかなか定まらなくて
ここ? それともこっち? なーんていったりきたりするし(さらに涙)

いざ針刺すと、なかなか刺さらないし(まさにとり皮)
ババトラがビクビクっとするんで
ああ!って躊躇しまくり(大涙)


やっと入ったー って思ったら
すっごい場所がずれちゃってて
あれ?なんでこんなとこに針刺しちゃったんだろうって(悩)


輸液がどんどん腕のほうに。。。


先生は背中にキレイな輸液玉が出来るのに
ワタシときたら。。。


最後の注射(ビタミン+蛋白同化ホルモン)も
どこにすればいいんだろう?
輸液玉があさっての方向にできちゃってるし(滝涙)



注射するのも、やっぱりババトラがビクビクするんで
抜けちゃって3回くらい刺しちゃった(爆涙)


輸液も注射も全量入らなかったよ  ○| ̄|_



こんなことなら
やっぱり病院連れてった方が良かったかもと肩を落とす



ババトラの容態に注意!大丈夫か?

おかげさまでなんでもなかったみたいでちょっと安心。





ああああああああああああ

とっても怖かったし、めちゃめちゃ失敗だらけでした



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!



でも、終わった後、ババトラはご機嫌でした。
なぜか、うねうねごろごろしてました(謎)
費用も半分以下です(嬉)

ううぅ 来週も頑張ろう!

Posted on 18:42 [edit]

category: 猫の病気

tag: 慢性腎不全  ババトラ  自宅輸液  蛋白同化ホルモン 
tb: --   cm: 11

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.