スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヘルニアか腫瘍か  

甲状腺切除手術から半年
先日の日曜日、かしわ餅(2)の検診に行ってきましたよーん


術後、なかなか増えなかった体重も
現在では3.2キロ
若いときの最盛期で3.3キロだったんで
これはイイ感じの体重だと思う~

本日の検査は、血液検査と胸部レントゲンだにょ
この子は甲状腺が全部無いんで、何をチョイスしようか
甲状腺機能低下は(人間は)コレステロールが上がるんだよねー
後は??? ハテ?

先生に聞いてみた
「甲状腺機能低下症を疑う犬の場合、何の検査します?」

「コレステロールや中性脂肪は上がります。
 しかし、犬はそうだけど猫も一緒なのか...」

機能低下を疑う猫及び低下症の猫ってほとんどいないから
(犬は低下症、猫は亢進症が圧倒的に多い)
コレの検査結果がアレだったら...ってのが無いのは分かる


ま、にんげんもいぬもコレステロールが上がるんだから
参考にしちゃってもイイじゃん!
食後だったんで中性脂肪はパスしたが。


結果↓

コレステロール 200(基準値<224)

よしよしっ!
しかーし、肝酵素がアワワ...

GPT 141(基準値<86)
ALP 192(基準値<151)


うわあああああぁ

悪夢再びか!

猫の甲状腺機能更新症は肝酵素も上がるので
肝酵素の数値も指標のひとつになります


私が焦りまくっていると、先生が、
体重も増加してるので別の原因では? っていうし

うーん。低下症も(人間は)肝酵素が上がるんだよなと思い出し
甲状腺って、低下でも亢進でも肝酵素が上がる曲者なんだよね


猫は甲状腺が無くても、ホルモン剤は不必要って話だけど
今後のモニターによってはレベンタ投与も考えなきゃなって思たよん



そしてー
レントゲンがすっごいオドロキの結果だったのよ(汗)

横隔膜と内臓の境目に、なにか怪しいものが写ってた~


この時点で考えられるのは、ヘルニアか腫瘍

うわあああああああぁ (本日2回目)



バリウム通すとどっちか分かるらしい。

日を変えて検査しましょうってことになりました


体調に目立った変化がなく、下痢や嘔吐も無いんですよぉ
もちろん呼吸も普通ですー
何でしょね?肝酵素上昇の原因もコレかも?



実はコレに似たレントゲン、過去に見たことありましてねー

おはぎちゃんの食道裂肛ヘルニア疑惑を思い出してました


おはぎのは、ピンポン玉のように真ん丸くて
かしわ餅(2)よりももっと大きなものが写っていたため
腫瘍か! いや内臓奇形か!と思われましたが
その後にキレイさっぱり無くなっていたので
もしかすると食道裂肛ヘルニアだったかもってことで落ち着きました




そうだったら、いいな。
おはぎみたいに気が付いたら無くなってたら
どんなに良いか(涙)


150111

コタツ布団が保護色だ(笑) 今週また病院行くよー


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ




この日は女ボスも一緒に病院へ~

3回目のうわあああああああぁがありましたが

それは次回に。


年明け早々波乱の幕開けとなりました。
皆さま、今年もよろしくお願いいたします~


スポンサーサイト

Posted on 13:27 [edit]

category: 猫の病気

tag: かしわ餅(2)  甲状腺機能亢進症  食道裂肛ヘルニア 
tb: --   cm: 6

おはぎ(小)受難の日  

行ってきました おはぎちゃん
年に1度の健康診断~


この子は過去に食道裂肛ヘルニアだったみたいなんだけど
今回のレントゲンでも異常は見つからず
ヘルニアはそのまま引っ込んじゃってるみたいで安心~
血液検査でも特に異常は無かったんで
やれやれ、今年も健康でよろしゅうございましたよ!

でもでも、今回の命題はそこではなく
その数日前から気になってたアソコの謎の硬さと膨らみ(謎)


以前に破裂した肛門線がちょっと硬くなってたんで
つまんでみたら ああ。詰まってるわ~

これ、このままほっとくとまた破裂するんだろなと思って
先生にしぼって貰いましたとさ

肛門線出たーーーー  (汗)

こげ茶っぽいのかな?と想像してたけど
黒と灰色のまだらっぽい色だった
歯磨きのアクアフレッシュだっけ?
あんな感じでにゅるにゅるっと出てきたよ


おはぎは今回も借りてきた猫で
何されても大人しく、というより固まって動けず
肛門線絞られても、この世の終わりみたいに騒ぐでもなく
動かざること山のごとし(爆)

あんた、家じゃ家庭内ノラなのに~
内弁慶、ここに極まれり。



帰ってきて、絞ってもらった肛門線触ってみたら
すっかり柔らかくなってて、中の膨らみも無くなってる~
良かったね!

130190

↑黒いのがおはぎちゃん


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


その後、みんなの肛門線さわりまくって嫌われました(涙)



Posted on 15:52 [edit]

category: 猫の病気

tag: おはぎ(小)  食道裂肛ヘルニア 
tb: --   cm: 5

食道裂孔ヘルニア?  

先週は、おはぎ(小)を病院へ~

驚いたことに、昨年レントゲンに写ってた
謎のブツ(突起物?)が

無い!

やややや?

うっすらと痕跡は残ってるみたいなんですけど
とにかく無い!


※謎のブツとは?コチラをご覧ください



「もしかしたら食道裂孔ヘルニアかも?」
と、先生が言うんですよっ

横隔膜ヘルニアなら聞いたことあるけど
食道ですかそうですか。
初めて聞いたわぁ~

しかし、こんな出たり入ったりするものなのかしら?

とにかく今は引っ込んでるわけだし
言われてるような症状も全然無いし

まあ良しとします! 今後も経過観察でー


前記事の段階では、また近いうちに病院へと思ったんですが
結局なにもしないまま1年経過。
だってねー 
なーんにも心配事が無かったんですもん。

でもー
出たり入ったりするのを確認したいからw
やっぱりこまめにレントゲン撮っとこうかしら?


120190




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ 応援よろしこ!



レントゲン、地味におすすめの検査ですよっ
エコーじゃ分からない全体像が分かりますからね!
機械的な異常が無いか調べるのには、コレが最適だす

健康診断にも、血液検査だけじゃなくて、
ぜひレントゲンも撮っておくと良いですよん。
年取ったときに、若い頃との見比べとか出来るしね!

Posted on 18:20 [edit]

category: 猫の病気

tag: おはぎ(小)    食道裂肛ヘルニア 
tb: --   cm: 13

プロフィール

ちょっと一言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

タグ

カウンター

リンク

9猫御用達

FC2 無料サービス

RSSリンクの表示

QRコード

メールフォーム

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。